学生募集
トップ学生募集 学生募集要項

学生募集要項

2022年度 学生募集要項

総合型選抜

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当し、かつ(4)の要件を満たす者。

(1)高等学校又は中等教育学校を2021年3月に卒業及び2022年3月卒業見込みの者

(2)通常の課程による12年の学校教育を2021年3月に修了した者及び2022年3月に修了見込み

   の者

(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある

   と認められる者及び2022年3月31日までにこれに該当する見込みの者

(4)勉学意欲に優れ合格後の入学が確実な者(専願)

募集人員

第Ⅰ期、第Ⅱ期合わせて

 コミュニティ福祉専攻:入学定員の30%(キャリアビジネスコース、介護福祉コース合計)

 保育専攻:入学定員の30%


選考方法

エントリーシート、調査書、個人面接、小論文により総合的に判定する。


試験会場

第Ⅰ期 本学、むつ会場

第Ⅱ期 本学


学校推薦型選抜

出願資格

<指定校>

指定校に指定されている高等学校の在籍者で、次の(1)~(4)の要件ののいずれも満たす者。

(1)2022年3月高等学校卒業見込みの者

(2)人物・学業ともに優れ、合格後の入学が確実な者(専願)

(3)出身高等学校における全体の学習成績の状況が3.5以上の者

(4)出身高等学校長の推薦がある者


<公募>

次の(1)~(3)の要件のいずれも満たす者。

(1)2022年3月高等学校卒業見込みの者及び2021年3月高等学校卒業の者

(2)勉学意欲に優れ、合格後の入学が確実な者(専願)

(3)出身高等学校長の推薦がある者


募集人員

指定校、公募第Ⅰ期及び第Ⅱ期合わせて

 コミュニティ福祉専攻:入学定員の60%(キャリアビジネスコース、介護福祉コース合計)

 保育専攻:入学定員の60%


選考方法

<指定校>

調査書、個人面接、小論文により総合的に判定する。


<公募制>

調査書、個人面接、小論文により総合的に判定する。


試験会場

指 定 校 本学、むつ会場

公募第Ⅰ期 本学

公募第Ⅱ期 本学


一般選抜

出願資格

次の(1)~(3)のいずれかに該当する者。

(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び2022年3月卒業見込みの者

(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び2022年3月に修了見込みの者

(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると

   認められる者


募集人員

第Ⅰ期、第Ⅱ期合わせて

 コミュニティ福祉専攻:入学定員の10%(キャリアビジネスコース、介護福祉コース合計)

 保育専攻:入学定員の10%


選考方法

調査書、個人面接、筆記試験により総合的に判定する。

<筆記試験科目>

 筆記試験は以下の科目より2科目選択して実施する。

 ただし、英語は民間資格試験(実用英語技能検定、GTEC、TOEFL、TOEIC、TEAP)の成績をCEFR

 対照表により点数化する。(2017年4月以降のもの)

 ※英語を選択した方は、民間資格試験の成績がわかる書類(コピー)を提出してください。


 現代文、現代社会、英語


試験会場

本学


特別選抜

出願資格

<社会人>

下記の(1)~(3)のいずれかに該当し、かつ、(4)~(6)の要件のいずれかを満たす者。

(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者

(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者

(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認

   められる者

(4)2年以上の社会人(家庭人を含む)としての経験がある者

(5)企業などに在籍のまま派遣される者

(6)入学時において、満22歳以上の者


<帰国子女、及び外国人留学生>

下記の(1)~(3)のいずれかに該当する者。

(1)外国の教育課程(日本における通常の課程による学校教育の期間を含む)を修了した者、又は

   2022年3月31日日までに修了見込みの者。但し、12年の課程のうち、外国において最終学年を

   含め2年以上継続して正規の教育制度に基づく学校教育を受けている者

(2)外国において、学校教育における12年の課程を修了した者と同等以上の学力があると認められる

   当該国の検定に合格した者

(3)文部科学大臣の指定した者


募集人員

コミュニティ福祉専攻:若干名(キャリアビジネスコース、介護福祉コース合計)
保育専攻:若干名


選考方法

調査書等、出願理由書及び面接により総合的に判定する。


試験会場

本学


特待生選考

特待生とは

特待生は、授業料を半額免除されます。原則2年間適応されますが、1年次の成績により2年次は継続されない場合があります。


応募資格

次に該当する者

 総合型選抜第Ⅰ期の合格者及び学校推薦型選抜(指定校)の合格者


採用人数

6名

※コミュニティ福祉専攻、保育専攻合計


選考方法

個別の選考日は設けず、総合型選抜第Ⅰ期及び学校推薦型選抜(指定校)の選抜試験における調査書、個人面接、小論文の結果をもとに総合的に判定する。


合格発表日

12月1日(水)


申込方法

入学願書の「特待生希望」欄に〇印を付けてください。


受験上の諸注意等

諸注意

(1)受験票が試験日前日まで届かない場合は、本学入試広報センターまで必ず問合せください。

(2)試験開始時間に遅れる場合は、本学入試広報センターまで連絡してください。

(3)身体的条件等により、受験上特別な配慮を必要とする場合は、出願の前に入試広報センター

   へご相談ください。

(4)昼食、飲み物は持参してください。

(5)上履きは必要ありません。


新型コロナウイルスの感染症対策について

(1)試験当日は検温し、37.5度以上の発熱がある場合、本学入試広報センターに連絡し自宅待

   機してください。追試験を日程調整した上で実施します。

(2)試験当日は必ずマスクの着用をお願いします。なお、忘れてきた場合は事務室で配布するの

   で申し出てください。

(3)新型コロナウイルスの状況によっては、試験日・合格発表日等が変更になる場合がありま

   す。変更があった場合、受験者への個別での連絡、ホームページによる情報公開を行いま

   す。


※2021年6月25日現在の情報です。新型コロナウイルスの状況によって変更になる場合があります。

上部へ 上部へ

前に戻る 前に戻る