第11回学びの森市民セミナー

|

 5月19日(土)10:00~青森大学において「学びの森市民セミナー」が行われ、コミュニティ福祉の1年生が参加しました。

 今年で5年目になるこの講座は青森大学、青森明の星短期大学、そして一般の方々が参加できる講演会です。

 

 今回は、一般社団法人日本血液製剤貴校理事の脇坂明美氏が「結晶分析製剤 医療を考える白い血液」と題してお話をしてくださいました。

2018manabinomori002.jpg


 血液はなぜ赤いのか?血液製剤とはなんなのか、日本における献血の重要性をとてもわかりやすく丁寧に説明してくださいました。

2018manabinomori001.jpg

 献血ができるということは健康であるということ。学生たちは献血を持っている人たちがたくさんいること、献血をする理由など様々なことを知ることが出来ました。

第1回 オープンキャンパス開催!

|

5月19日(土)13時から今年度最初のオープンキャンパスが行われ、雨天にもかかわらずたくさんの参加者が来場しました。

OC0519_img001.jpg

OC0519_img008.jpg

今回のオープンキャンパスはオープンなスタイルで次の3つをテーマに行われました。

・学生スタッフとの交流をとおした短大の紹介

・時間を設けず各ブースでの専攻・コースの説明

・個別対応の入試説明や奨学金制度の説明

開催時間内に自由に見学もできるようにしました。


最初に短大を紹介する全体説明がありました。

OC0519_img002.jpg

学生スタッフによる学生生活の紹介がありました。

OC0519_img003.jpg

その後、参加者の皆さんは専攻・コースごとのブースに分かれて説明を聞たり、学生スタッフと交流していました。

OC0519_img004.jpg

今回は、午後からの開催ということとできるだけ「保育専攻」「介護福祉コース」「キャリアビジネスコース」の3つの体験授業に参加できるように時間を短縮して開催しました。

OC0519_img005.jpg

保育専攻は「『開く』をテーマにした造形体験」を、、、

OC0519_img006.jpg

キャリアビジネスコースは「コースの魅力について」を、、、

OC0519_img007.jpg

介護福祉コースは「豆つかみをしてみよう」と題して介護用具の使い方を実践しました。


参加者の皆さんは最終の16時まで学生スタッフと語り合っていました。

次回は6月9日(土)13時から同様の形式で行います。

また、7月~9月に行われるオープンキャンパスは11時からの開催とし、より詳しい体験授業を行う予定です。

皆さんのご参加をお待ちしております。


第1回 オープンキャンパス開催迫る!

|

今年度、第1回目のオープンキャンパスを

5月19日(土)13時~16時、本学にて行います。

今回のオープンキャンパスは今まで以上にオープンなスタイルで、

・学生スタッフとの交流&質問(お茶とお菓子も用意しています!)

・各専攻やコースの詳しい説明

・入試や奨学金制度についての詳しい説明 

などを13時~16時の開催時間中、好きなタイミングで聞くことができます。

DSC_0124.JPG

ミニ体験授業は30分ごとに以下の内容と時間で行います。

体験授業にだけ参加したり、複数の授業に参加してみたり、授業の後にもう一度説明ブースに行ってみたりということも可能ですよ。

体験授業内容紹介

【13時45分~ 保育専攻ミニ体験授業】

 「『ひらく』をテーマにした造形体験」

DSC_0004.JPG

【14時15分~ キャリアビジネスコースミニ体験授業】

「コースの魅力について」

IMG_4807.JPG

【14時45分~ 介護福祉コースミニ体験授業】

「豆つかみをしてみよう」

CIMG0454.JPG

来場者プレゼントとして受付にてドリンク配布の他、フリクションマーカーをプレゼント!

更にアンケートに答えてくれた方は本学オリジナルグッズ「スタンドポーチ」を差し上げます。

OC_img001.jpg

皆さまのご来場をお待ちしています!

IMG_5934.JPG


しんまちキャンパスで公開講座が行われました

|

 2018年5月12日(土)成田本店4階のしんまちキャンパスで「支援が必要な方へのまち歩き」~リスクマネジメントについて~と題した講座が行われました。


 本学コミュニティ福祉専攻 介護福祉コース2年の学生と、一般の方が5名で、まずはスケジュールの確認。

gw005.jpg

6~8人で視覚障がい、こども、高齢者、妊婦など、支援が必要な方の役割を決めて、しんまちを歩いてもらいました。

gw003.jpg

gw002.jpg まち歩きをした上で考えられるリスクを、各グループで書き込みながらディスカッションしています。

wg006.jpg

 グループでまとめて、全員に向けて発表しましたが

「まちの段差が気になった」「視覚ブロックが倍くらいの幅があると歩きやすい」

「妊婦であれば途中に休憩スポットやベンチがあるといい」「ベンチが低すぎて高齢の方が立ち上がりづらそうな場面に遭遇した」

「障がいのある方同士が道を交せなかった場面も見られた」

「こどもは興味のあるところへ急に走り出すと危ない」

 などと様々な意見が出されました。

 学生は普段の座学を基に、色々な場面を考えながらワークを行っていました。

 一般参加の方も、学生も実際にまちを歩いてみなければ分からない事を「支援が必要な方」の視点に立って考えるよい機会となりました。

 

 









しんまちキャンパス開講式

|

5月7日(月)、成田本店しんまち店4階の本学「しんまちキャンパス」で、2018年度開講式を開催しました。

石田学長より「青森明の星短期大学は生涯学習に力を入れており、しんまちキャンパスだけでなく、ハワイ州立大学をはじめ放送大学や高崎商科大学、青森市内の6大学など多くの他大学と提携していることから様々な学びの機会を用意しています。ぜひ、科目等履修生や聴講生として学んでいただきたい。」との挨拶がありました。

開講式には40名以上の方が出席し、開講式後に開かれた「懐かしの詩をみんなで楽しみましょう!」講座に参加していました。

shinmachi_Campus_0507_img001.jpg


shinmachi_Campus_0507_img002.jpg

shinmachi_Campus_0507_img003.jpg

木村博子しんまちキャンパス長より今年度の講座について案内がありました。

shinmachi_Campus_0507_img004.jpg

ご来賓の方々

shinmachi_Campus_0507_img005.jpg

受講者による、「あの素晴らしい愛をもう一度」などの合唱が披露されました。

しんまちキャンパスは、9月15日(土)まで全7講座を開講する予定です。

詳しくはこちらのチラシをダウンロードしてください。⇒しんまちキャンパス2018年度講座のご案内

どうぞご参加ください。

外国人観光客おもてなしイベントを開催しました

|

4月26日(木)、青森県観光物産館アスパムにて、本学コミュニティ福祉専攻のキャリアビジネスコースの学生22名が、外国人観光客へのおもてなしイベントを開催しました。


inbound_20180426_img01.jpg

これは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の青森港入港に合わせて、青森県や青森市の重要政策の一つ「インバウンド対策」について学ぶことを目的として、授業の一環として行われたものです。


イベントでは、「折り紙体験」、「書道(名前を漢字に変換して書いてプレゼント)」、「血圧測定」、「青森県産のミネラルウォーターのプレゼント」そして「日本の唱歌披露」を行いました。


午前11時からの「日本の唱歌披露」では、本学しんまちキャンパスの受講生たちが駆けつけ、「ふるさと」や「荒城の月」などの唱歌を合唱し、拍手を受けていました。


nbound_20180426_img02.jpg

合唱の後には、学生たちが各ブースに分かれ、外国人観光客をもてなしていました。

nbound_20180426_img03.jpgnbound_20180426_img04.jpgnbound_20180426_img05.jpgnbound_20180426_img06.jpgnbound_20180426_img07.jpgnbound_20180426_img08.jpgnbound_20180426_img09.jpgご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

2018シーズン フットサルサークル始動!!

|

今年で立ち上げ3年目を迎えました。


石田杯をはじめ、多くの大学を巻き込んだ企画を主催し、実績を積んできました。

これからも他大学との交流を中心に幅広く活動を展開する予定です。


それでは、活動風景と雰囲気をお伝えします!

fut_start2018.jpg


練習では、

メンバー全員が力尽きるまで試合をしています!(※マネージャーの応援あり)

fut_start2018_002.jpg


男子は常に本気モード!!

fut_start2018_003.jpg


容赦ないシュートの嵐!!

fut_start2018_004.jpg


ダイビングヘッドも炸裂!?

fut_start2018_005.jpg


そして今年は強者女子プレーヤーが充実!


みんな、男子より負けず嫌い!闘争心の塊!!


例えば、男子との1対1に挑んだり、

fut_start2018_006.jpg



体当たりに負けなかったり、

fut_start2018_007.jpg


蹴るフォームが力強かったり、

fut_start2018_008.jpg

相手のスライディングにも突っ込んでいったり、

fut_start2018_009.jpg


パスが来なければ、激しく要求だってします!

fut_start2018_010.jpg

男女混合の大会では好成績が期待できそう!



個性豊かなメンバーが本気でフットサルをしていますが、

サークルの目標は楽しさ「ナンバーワン」です!

fut_start2018_011.jpg

みなさん、応援よろしくお願いします!!

「フレッシュマンゼミ」が開催されました

|

 本学1年生を対象としたフレッシュマンゼミが開催され、「ハレー彗星と明治の青森天文学者」と題し、放送大学青森学習センター所長で弘前大学名誉教授でもあります倉又秀一先生に御講義いただきました。

f-zemi_0425_img_001.JPG

 講義では、青森の天文学の先駆者として活躍された、一戸直蔵氏(現つがる市生まれ)と前原寅吉氏(八戸市生まれ)の取り組みから、過去の研究は科学的知見や時代遅れになっているものはあるが、問題の取り上げ方や行動などには学ぶべき点が多いことを教えてくださいました。

f-zemi_0425_img_002.JPG

 何事も好奇心・集中力・実行力を大切にして、ワンランク上の理解を目指す姿勢が私たちに大切であることを学んだ貴重な時間となりました。

f-zemi_0425_img_003.JPG 倉又先生、ありがとうございました。


社会福祉法人 青森民友厚生振興団と連携協定を締結しました

|

4月17日(火)、五所川原市の特別養護老人ホーム青山荘(せいざんそう)において、社会福祉法人 青森民友厚生振興団との連携協定を締結しました。
今後、教育研究をはじめ様々な分野で連携していくことを確認し、協定書に調印しました。

0417_IMG_001.jpg

左が島村理事長、右が本学石田学長


調印後の会談の中で、石田学長は、西北五地区出身学生が増えていることから、この協定を基に西北五地区の社会福祉や幼児教育の諸課題に対応することを、大学としても進めたいと語りました。また、青山荘を運営する青森民友厚生振興団の島村吉三久理事長は、既に青山荘に青森明の星短期大学の卒業生が数名就職していることに触れ、一緒に取り組んでいきたいと語りました。
この協定により、県内での介護福祉士や保育士のための奨学金制度が整備されました。

ICT授業が本格スタート!

|

 本学ではスマートフォンやiPad等のタブレット端末を用いたICT授業を行っています。その第1段として「発達心理学」の講義が実施されました。


 授業では、学生が各自のスマートフォンに学習支援アプリ「ロイロノート」をインストールし、①授業中に出された質問に対する回答、②授業中に疑問に思ったことの「つぶやき」を授業者に送信していきます。それらは「ロイロ」用のスクリーンにリアルタイムで一斉に反映され、必要に応じて授業者が答えていきます。そのため、授業はマルチディスプレイ(「ロイロ」用の画面と「パワーポイント」用の画面)で行われました。

2018ict.jpg


 講義型の授業では学生がなかなか質問できない、挙手をする勇気が出ないといった問題が生じやすいですが、ロイロノートによる「つぶやき」送信のアイディアはそれらの問題を解消し、学生の参加意欲を高めることにつながると考えられます。