中泊をよく知ろうツアー2019!!

|

2019年8月11日(日)に「中泊をよく知ろうツアー2019」が行われ、本学の学生・教職員が参加しました。

2019nakadomarinebuta0014.jpg


中泊町へ行く前に五所川原金木の「斜陽館」を見学しました。

2019nakadomarinebuta0006.jpg

2019nakadomarinebuta0010.jpg

2019nakadomarinebuta0012.jpg


その後、「なかどまりまつり」ねぶた運行に中里高校制作のメバルねぶたを持って参加しました。

2019nakadomarinebuta0038.jpg

2019nakadomarinebuta0049.jpg

2019nakadomarinebuta0058.jpg

2019nakadomarinebuta0075.jpg

2019nakadomarinebuta0082.jpg


まつりは今年も大きな花火でフィナーレです。

2019nakadomarinebuta0088.jpg

2019nakadomarinebuta0093.jpg

2019nakadomarinebuta0101.jpg

2019nakadomarinebuta0103.jpg


中泊町の皆さん今年もありがとうございました。

浪打銀座商店会の夏祭りボランティアに参加しました

|

2019年8月8日(木)~10日(土)にかけて、浪打銀座商店会夏祭りにボランティア参加しました。

この夏祭りには、連日500人以上の方が毎年訪れ、今年は青森市長も挨拶され大いに賑わいました。

本学の学生は、3日間で延べ28名が会場の設営や運営の補助、後片付けを体験しました。

2019_namigin_img001.jpg

連日、日差しが強く暑い中でしたが、参加した皆さんは元気よくボランティア体験をしてくれました。

2019_namigin_img002.jpg

1日目のステージには、合唱サークル"プリマ☆ステッラ"の皆さんが出演して、爽やかな夏のコーラスを3曲披露していました。

2019_namigin_img003.jpg2019_namigin_img004.jpg

2019_namigin_img005.jpg

ボランティア参加の皆さん、3日間大変お疲れ様でした。

2019_namigin_img006.jpg

青森明の星短期大学も付属幼稚園と協力して展示ポスターを作り、会場にて"うちわ"を配布しました。


美術部の活動紹介

|

個人の作品制作や生葉染色のための蓼藍栽培、泥団子作りなど行ってきた美術部ですが、

IMG_1715.JPG

IMG_1718.JPG

IMG_1886.JPG

IMG_1852.JPG

IMG_1850.JPG

今年の夏の活動として「ベンチの作成」を行いました。

春から取り組んでいる美化活動、

①草取り

IMG_1719.JPG

②タイル敷き

IMG_1840.JPG

IMG_1950.JPG

と併せて、少しでもすてら周辺をかわいくできればと考えています。

暑さに負けず、組み立て、やすり掛け、塗装を行い、

IMG_1951.JPG

IMG_1954.JPG

IMG_1955.JPG

IMG_1957.JPG

最後に屋外設置に耐えられるようニスをかけて完成です。実際に設置した様子がこちらの写真です。

IMG_1936.JPG

大人用と子ども用の2台のベンチが並んでいる姿がかわいいです。

かつての物干し台の跡でしょうか、コンクリートから飛び出していたねじなどのでっぱりも、ディスクグラインダーで切断。これで足が引っかかることもありません。

IMG_1959.JPGIMG_1958.JPG

今後も活動を続け、「明の星交流センター すてら」をかわいくしていきたいと思います。


青森ねぶた祭り合同運行に参加しました

|

8月2日(金)および3日(土)に、青森ねぶた祭の合同運行に参加しました。

青森市の港町町会が運行する町内ねぶたにボランティアを募りねぶたの引き手や跳ね人として参加しました。

nebuta2019_img001.jpg

nebuta2019_img002.jpg

二日間で延べ60名ほどが参加し、例年より賑やかに大勢の学生がボランティアを体験しました。

nebuta2019_img003.jpg

教職員も学生ボランティアと一緒に青森明の星短期大学の提灯を持ち合同運行に参加しました。

nebuta2019_img004.jpg

港町町会のねぶたは、町会の運営するねぶたとしてはおそらく最大級の大きさです。

nebuta2019_img005.jpg

引き手ボランティアを体験した学生たちはねぶたの重さに四苦八苦していましたが、やりとげた満足感を味わっていました。

nebuta2019_img006.jpg

跳ね人の皆さんは、最初は様子を伺いなかなか跳ねてくれなかったのですが、祭りの後半には跳ねるのもうまくなり、元気に跳ねていました。

nebuta2019_img007.jpg

2日目となる8月3日(土)は、最初からパワー全開で跳ねていました。

nebuta2019_img008.jpg

跳ね人や引き手のボランティアを体験した皆さん、是非来年も参加してください。

ねぶたは「ねぶたの紙貼りボランティア」に参加することで作るところから体験できます。

来年はねぶた作りを体験し、ねぶた祭りをもっと楽しみましょう!

子どもたちと泥団子を作りました。

|

7月29日(月)しんまちキャンパスにて、本学教員が小学生の子どもたちと泥団子を作るワークショップを行いました。

IMG_9951.JPG

まずは、土と水を混ぜて泥を作るところから始めます。

「きもちわるーい」、「くさーい」とちょっと土に対して抵抗感のあった子どもたちも、次第にこねることに夢中になっていきます。団子づくりを忘れてひたすら泥をこねる場面も。

IMG_9958.JPG

IMG_9953.JPG

泥を好みの形にしたら、細かな土をまぶしながら丸めていきます。大事なことは「焦らず、優しく」です。

IMG_9963.JPG

休憩がてら、泥団子持ち帰り用の紙パックをデコレーションもしました。

IMG_9971.JPG

IMG_9974.JPG

楽しい時間はあっという間です。予定の90分が経ち、ベースとなる団子ができました。あとは泥団子を休ませたのち、磨き作業をお家でやってみてねというところでワークショップは終了です。

IMG_9998.JPG

IMG_9999.JPG

ぜひぜひ根気強く泥団子と向き合い、このくらいのピカピカ具合を目指してもらいたいものです。

IMG_1898.JPG

一度やり方を覚えれば、身近な材料だけで手軽にできる泥団子づくり。「子どもたちも別な土でも試してみる!」と目を輝かせていました。


函館市での合同進学説明会

|

2019年7月26日(金)に、函館コミュニティプラザ Gスクエアにおいて「情熱無限大AOMORI SIX 青森市内公立・私立大学・短期大学合同進学説明会」が開催され、本学も参加しました。
(主催:青森市産官学連携プラットフォーム)

説明会の様子が青森市産官学連携プラットフォームのホームページに掲載されています。

詳しくは、以下のURLからご覧ください。
(青森市産官学連携プラットフォームのホームページに移動します)

http://www.aomori-igap.jp/news/news-940/

下北オープンキャンパスの様子

|

7月28日(日)に「下北オープンキャンパス」を開催しました。

本学と連携協定を結んだこともあり、むつ市役所本庁舎を会場に開催です。

2019shomokitaOC-1.jpg


暑い日でしたが、高校生をはじめ保護者や一般来場者、合わせて約50名の方々にお越しいただきました。

2019shomokitaOC-2.jpg


学生によるオープニングでは、保育専攻の学生がピアノの腕前を披露しました。

2019shomokitaOC-3.jpg


続いて、各専攻・コースの体験授業です。

【キャリアビジネスコース】
「なりたい自分の作り方」と題して、教員によるコース説明のあと、2年生の学生から短大での学びや、内定獲得に至るまでのことについて紹介されました。

2019shomokitaOC-4.jpg

2019shomokitaOC-5.jpg


【介護福祉コース】
学生スタッフによる介護福祉士の説明や、介護の現場で役立つコミュニケーションの取り方の実演が行われました。

2019shomokitaOC-6.jpg


【保育専攻】
「音楽で遊ぼう」をコンセプトにした体験授業。参加者と学生スタッフが一緒に体を動かしながら「わらべうた」でレクリエーションを体験。最後は先生と学生スタッフで「はらぺこあおむし」の大型絵本と歌を披露しました。

2019shomokitaOC-7.jpg

2019shomokitaOC-12.jpg

2019shomokitaOC-9.jpg


最後は、参加者と学生スタッフによる交流会。

お菓子を食べながらの明るい雰囲気の中で、高校生たちは大学の様子や勉強のことなどを学生スタッフに聞いていました。

楽しい交流会になったようです。

2019shomokitaOC-11.jpg


ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。

第3回オープンキャンパスの様子

|

7月21日(日)に、第3回オープンキャンパスを開催しました。

2019OC3_13.jpg

学生スタッフによる全体説明では、大学の専攻・コース、サークルなどが紹介されました。

2019OC3_1.jpg

さらに、今回はハワイ州立大学機構カピオラニ・コミュニティ・カレッジに5か月間留学した、キャリビジネスコース2年の萩野さんが登場。カレッジで発表した内容を英語で披露してくれました。

2019OC3_2.jpg

続いては体験授業。

【キャリアビジネスコース】
「なりたい自分の作り方」と題して、教員によるコース説明のあと、2年生の学生から短大での学びや、内定獲得に至るまでのことについて紹介されました。

2019OC3_3.jpg


介護福祉コースと保育専攻では、卒業生を「キャリアナビゲーター」としてお招きし、体験談などを交えてトークセッションを行いました。

【介護福祉コース】
「介護福祉士への道」と題して、卒業生の森塚彩菜さんと諏訪陽香さん(ともに特別養護老人ホーム和幸園)にお越しいただき、介護福祉士を目指したきっかけ、学生時代に学んだことや就職してからのことなど、学生スタッフの進行でお話をいただきました。学生時代の経験が今に生かされているなど、いろんなお話を聞くことができました。

2019OC3_4.jpg


【保育専攻】
「保育士への道」と題して、卒業生の松浦理奈さん(認定こども園星美幼稚園)、粒來美沙さん(洋野町立種市幼稚園)にお越しいただきました。学生スタッフの進行で、保育士・幼稚園教諭を目指したきっかけ、学生時代に学んだことや就職してからのこと、園でのいろいろなエピソードなどが披露され、盛り上がりました。

2019OC3_6.jpg

2019OC3_12.jpg


体験授業と並行して、石田学長による保護者説明会も開催。大学の概要や経済的支援の取り組みなどが紹介されました。

2019OC3_9.jpg


最後は、参加者と学生スタッフによる交流会。

午前の部ではカフェテリアで昼食をとりながら、午後の部ではアイスを食べながらと、ざっくばらんな交流会となりました。

2019OC3_7.jpg

2019OC3_8.jpg


皆さん、また青森明の星短期大学に遊びに来てくださいね!

2019OC3_10.jpg

2019OC3_11.jpg

中泊町博物館で佐々木高雄展ーアジアの民の染めと織りーが開催!

|

NPO法人アートコア青森の佐々木高雄氏のコレクション展―アジアの民の染めと織り―が、中泊町博物館において2019年7月13日(土)~9月15日(日)の期間で開催されています。

2019sasakikouzou002.jpg

開催初日は主催者である中泊町濱舘豊光町長の挨拶で始まりました。


2019sasakikouzou003.jpg

続いて、本学学長石田一成より開催にあたり祝辞がのべられました。


2019sasakikouzou004.jpg

佐々木高雄氏の軽妙な挨拶のあと、テープカットが行われました。


2019sasakikouzou001.jpg

左から中泊町教育委員会教育長米塚鈴子氏、中泊町町長濱舘豊光氏、佐々木高雄氏、青森明の星短期大学石田一成学長です。


テープカットの後は佐々木氏ギャラリートークが行われました。


貴重なコレクションが展示されています。是非おいでください。

高大連携プログラムの実施

|

 7月19日(金)、第4回青森中央高等学校・青森商業高等学校合同高大連携プログラムを実施しました。kou1.jpg

 今回のテーマは「構成的グループエンカウンター」で、『自己理解・他者理解}を体験しました。kou2.jpg 初めて話をする人もいて、最初は緊張していましたが、様々なゲームを通して打ち解けることができました。最後は笑顔と笑い声が響く楽しい時間となりました。kou3.jpg

 青森中央高等学校のみなさん、青森商業高等学校のみなさん、ご参加ありがとうございました。