2013年4月アーカイブ

パヴィヨン明の星寮 新入生歓迎会

|
 新学期が始まり2週間ほどが経ち、新入生たちも落ち着き始めた2013年4月15日(月)に、パヴィヨン明の星寮において新入生歓迎会が行われました。

 ハヴィヨン明の星寮は、明の星学園青森校地に在る青森明の星中・高等学校および本学青森明の星短期大学の生徒・学生が入寮しています。

 毎年行われる歓迎会は、寮内では一番年上のお姉さんとなる、短大の子ども学科・現代介護福学科の2年生が企画しています。
 新しい仲間に一日も早く学校生活と寮生活に慣れてもらいたい!楽しい毎日を送ってもらいたい!そんな気持ちが込められていました。

 今年は高校生3名・短大生14名が、新しく寮生活を送ります。
 新しい仲間を迎えて、総勢40名のファミリーとなりました。

 歓迎会は、開会の言葉と司会進行を現代介護福祉学科2年生の大水聖奈さんが行いました。メレス(学生寮長)子ども学科2年生斎藤真菜さんの挨拶に続いて自己紹介を行いました。

「自己紹介の時には」
  ①名前
  ②部屋番号
  ③学科、コース(高校生は学年、学科)
  ④出身地、出身校
  ⑤趣味、好きな人
  ⑥みんなに一言
を、ちょっっぴり緊張しながらもそれぞれ自己アピールできました。

 その後は、ティータイムと催し物タイムでした。
 中・高校生グループは、景品付きのクイズを行いましたが、なかなか難問で正解者は「すご~い!!」と大拍手と景品を頂いていました。子ども学科の学生はイントロあてゲームとジェスチャーゲームをテンポ良く行いました。現代介護福祉学科の学生は、人文字あてを行い、みんな景品目指して真剣に動きに集中していました。

 4月5日(金)の入学式から10日間経ち、寮生活のリズムもわかりかけてきたころです。寮長先生を始めたくさんの先生方が見守ってくれています。パヴィヨン明の星は第二の家となりそうです。

パンフ.JPG お菓子.JPG
 プログラムは印刷ではなく1枚1枚先輩方の手作りです。

介護.JPG
 介護学科の先輩による人文字当てゲーム!

中高生JPG.jpg
 中、高校生のクイズは中々の難問で、一瞬みんなシーンとなりました。

子ども②.JPG
 サザエさん一家にグループ分けを行いイントロあてクイズを競いました。

子ども①.JPG
 軽快なテンポで勧めてくれたジェスチャーゲーム。思わず笑顔が!!

寮長.JPG 献立表.JPG 先輩から.JPG 
 寮長の横嶋先生          おいしそうな献立です。           卒業生からのフリーマーケット


(棟方)

被災地復興ボランティア報告会が行われました

|
 ボランティア活動が終わって2週間が経った4月6日(土)。
 岩手県釜石市および大槌町で行われた「被災地復興ボランティア報告会」が行われました。
 これまで、このボランティア活動は青森明の星短期大学の学生だけで2回行われてきましたが、3回目となる今回は青森地域大学間連携協議会へ参加を呼びかけ青森市内6大学から総勢15名が参加してくれました。

 最初に、青森地域大学間連携協議会の幹事校を代表して青森明の星短期大学 学長 辻 昭子先生よりご挨拶がありました。

 続いて、ボランティア活動に参加した5人の報告者がそれぞれの活動について報告してくれました。

報告会3.JPG 水谷 大進さん

報告会2.JPG
 左から、青森公立大学/水谷 大伸さん、青森大学/岡 慧さん、
 青森明の星短期大学/蒔内 千章さん、青森明の星短期大学/大水 聖奈さん、
 青森明の星短期大学/高橋 美萌さん

報告会1.JPG 会場の様子 報告会4.JPG

 終わりに、引率者の青森明の星短期大学 講師 田口和宏先生より「被災地では、まだまだ復興のためにボランティアの手を必要としています。皆さまのご協力をいただき、今後も続けていきたい。」との報告を受け、閉会となりました。

釜石1.jpg  釜石2.jpg  釜石3.jpg  大槌1.jpg  大槌2.jpg
 被災地ボランティアの様子(3月22日(金)撮影)

【参考】
   ボランティア期間:   2013年3月17日(日)~23日(土)
                   参加地:   カトリック釜石教会 / 釜石市大只越町2-4-4
                                    カリタスジャパン大槌ベース / 下閉伊郡大槌町末広町1-4
               参加人数:   15名(釜石 7名、 大槌 8名)、他 引率 1名
 

2013年度 青森明の星短期大学入学式 

|
 2013年4月5日(金)午後2時、明の星ホールにて2013年度入学式が行われました。
 朝から春らしい陽気となったこの日、在校生、ご父兄、教職員の見守る中、少し緊張した面持ちの1年生は入学式に臨みました。

2013入学式.JPG
         「明の星ホール」-入学式の様子

2013入学生宣誓.JPG
       新入生 高坂怜奈さん 「入学生宣誓」

2013お祝のことば.JPG
       2年生 金崎宏美さん 「お祝のことば」

 式中において、小野寺 和子 理事長からご挨拶があり、明の星学園訓「正・浄・和」について話されました。「正しく(ただしく)」、「浄く(きよく)」、「和やかに(なごやかに)」。この学園訓は、本学園が学生に授けたいと願う教育内容を表しています。新約聖書マタイ福音書第五章「山上の説教」にあるキリストの教えに基づいています。
 引き続き、辻 昭子学長から、本学のモットーであるフロレテ・フロレス(花よ花咲け=今置かれた場所で咲きなさい)について、今いる場所で精一杯努力することの大切さを聖書のマタイ25章14節「タレント(昔の貨幣)」を用いて話されました。新入生は真剣に耳を傾け、そしてまたフロレテ・フロレスを心に留め、新生活をスタートします。
 青森明の星短期大学は今年度創立50周年を迎えます。この節目の年に入学した学生達はとても幸運です。

(棟方)