2014年2月アーカイブ

課題研究発表会がおこなわれました!

|

  2月7日(金)9:00より介護学科2年生による「課題研究」発表会が1401・1402教室で行われました。
「課題研究」では、自分の興味のあるテーマを1年かけて研究しました。その研究をパワーポインターにまとめ、7分間内でプレゼンテーションしました。発表テーマは介護学科で学んだことを土台としたもの、実習で興味をもったものでした。
  工藤佳奈さんの「認知症と予防について」、神孝子さんの「アニマルセラピー」、岡本僚平さんの「青森県はなぜ平均寿命が短いのか」、田澤恭平さんの「サヴァン症候群」など、多彩なテーマとなりました。1年生の学生は、お目当てのプレゼンテーションに合わせて教室移動をし、メモを取りながら聞いていました。

  「課題研究」は一つの課題にじっくりと取り組み、自分の意見を自分の言葉でまとめ、人に伝えるという一連の作業を学ぶ貴重な機会となります。これを機会に、自分で学ぶことに挑戦してほしいと思います。                                        
  
  P1000941A.JPG  
  藤田和美さんは「若年認知症にいついて」


  P1000942.JPG  
  みんな真剣に聴講していました。


 この日のために、毎日遅くまでパソコン室に残っていた学生が何人もいました。学生の頑張りが発揮された時間となったようです。本当にお疲れ様でした。