2015年11月アーカイブ

ニュースレターに掲載されました

|

「東日本大震災 復興・支援活動ニュースレター」に青森明の星短期大学のボランティア体験報告が掲載されました。

震災ボラ3.jpg

8月30日~9月5日までの1週間、釜石と大槌に11名の学生が参加してきました。

その活動報告をご覧ください。 ⇒ ニュースレター_No75.pdfQR_ニューズレター_No75.jpg

表現研究発表会! いよいよ明日から!

|

25回表現研究発表会-A4 (1).pdf

保育専攻2年生全員が参加し作り上げてきた「表現研究発表会」が、いよいよ27日(金)、28日(土)と開催されます。

子ども達の為に影絵、合奏、ダンス、オペレッタと様々な分野に分かれて練習を積んできました。

1年間の成果を見せる発表と考えると、リハーサルにも自然と熱が入ります。

DSC06324.jpgDSC06343.jpgDSC06388.jpg

「表現研究発表会」は青森明の星短期大学内明の星ホールにて、両日とも10時15分からスタートします。入場無料です。

学生の手によるお持ち帰り可能な大型遊具も、皆さまのお越しを待っています。

DSC04829.jpg


「第2回 みんなで『かだるべし』中泊」に参加しました

|
 11月26日(木)に中泊町の中央公民館において、介護福祉専攻2年生がワークショップ第2回「みんなで『かだるべし』中泊」に参加しました。
かだるべし1.jpg
 参加した学生は、中泊町の地域課題について住民の方の話を真剣に聴いて、若者の立場から中泊町の強み弱みを考えていました。
かだるべし2.jpg
 終わった後は反省会が行われ町の皆さんと交流をしました。
かだるべし3.jpg

進路ガイダンス開催

|

11月18日(水)14:40から進路ガイダンスを行い、特定非営利(NPO)法人C-FLOWER代表佐藤涼氏に「第三次反抗期」というテーマで講演していただきました。

20151118_進路ガイダンス1.jpg

佐藤氏は、主に保健・医療・福祉、社会教育、街づくり、情報化社会の分野で活動されており、脳性マヒが原因で手足に障害があるため、鉛筆や筆を口にくわえて絵を描いてこられた方です。

20151118_進路ガイダンス-佐藤涼氏2.jpg

20151118_進路ガイダンス-佐藤涼氏3.jpg

今日はこれからの進路や生き方を考える上で、とても大切なお話しをしていただきました。

平成27年度東部第9区連合町会徘徊者声掛け訓練参加

|

2015年11月6日(金)介護福祉専攻1・2年全員で、青森市内相馬町で行われた「徘徊者声掛け訓練」に参加しました。

青森市地域包括支援センターみちのくの方より、今回の訓練の説明を受けました

校外学習1.jpg

学生たちは実際に徘徊役をしている町会の方へ声掛けを行いました。

校外学習2.jpg

声掛けの際、徘徊者に威圧感を与えないように対面ではなく、斜めから行うようにとアドバイスを受け、学生たちは実践することで更に学びを深めることができました。

浪銀ボランティア-秋祭り編

|

10月31日(土)から11月1日(日)にかけて、「浪打銀座商店会秋祭り-うまし青森直売市」が行われ、本学も「青森明の星短期大学コーナー」を設置して、市場へ買い物に来た方々に「ペーパークラフト体験」や「介護相談コーナー」を用意しました。

浪銀秋祭り1.jpg


この他にも、秋祭りのメインステージでは「明短バンド」や「ハーモニカサークル」による演奏も行われ、道行く人々が足を止めて聞いてくれました。

浪銀秋祭り2.jpg

この祭りにボランティアで参加した学生たちは、朝の会場設営から子どもたちとのペーパークラフト、介護相談や来場者へのアンケート収集、パン屋さんでの企画手伝いと多方面に渡り活躍していました。

浪銀秋祭り3.jpg

浪打銀座商店会からも「たくさんのボランティアが参加していただいて作業が本当に早くなり助かった」や「若い人がたくさんいるだけで祭りが賑やかになって嬉しい」との声をいただきました。

これからも地域の活性化につながるようなボランティアを目指していければと感じています。

なかどまり町民文化祭に参加しました。
10月31日(土)、11月1日(日)の2日間、
包括協定を結んだ中泊町の体育センターで
ブースを置いて町民のみなさんと交流しました。
なかどまり町民文化祭01
小野町長様をはじめ、みなさんからとても
温かい声がけをいただいて、すっかり
中泊町が好きになりました。
なかどまり町民文化祭02
なかどまり町民文化祭03