青森中央学院大学、青森中央短期大学と大学間包括連携に関する協定を締結しました!

|

3月21日(火)本学と青森中央学院大学、青森中央短期大学は大学間包括教連携に関する協定を締結しました。

写真左から石田学長、青森中央学院大学 花田勝美学長、青森中央短期大学 久保薫学長。

石田学長は「青森県における中心的な役割を果たしている青森中央学院大学と連携することにより、様々な形で地域の活性化に貢献したい。また、青森中央短期大学とは保育士養成、介護福祉士養成をお互いに行っているので、共同研究や共同FDなどを行い、介護福祉士、保育士の不足などの地域課題に取り組んでいきたい」と挨拶されました。

(今後の計画など記者からの質問に応える石田学長)

石田学長は「青森中央学院大学、青森中央短期大学の両大学には、単独の大学、短大として、ライバルとして切磋琢磨し、県内の高校生にとって、魅力ある高等教育にするとともに、青森市や青森県の発展や若年層の定住等、地域活性化を促進するため、パートナーとして、オール青森で地域に貢献したい。特に共同研究は市の政策にも合致するので期待したい」と抱負を述べられました。

6月には、青森大学も加わり、青森中央学院大学、青森中央短期大学及び本学の青森市内4私立大学・短期大学による共同学生募集を実施します。