2017年9月アーカイブ

卒業生座談会 ―職場に欲しい人、一緒に働きたい人とは―

|

9月27日(水)にジムナーズで卒業生を講師として招いて座談会を行いました。テーマは、「職場に欲しい人、一緒に働きたい人とは」です。学生課 三上広典課長と4名の卒業生でそれぞれの職場での体験談を学生たちにお話してくださいました。

zadannkai006.jpg

介護の道へ進んだ卒業生の方たちは、上司も部下もいる立場での同僚との接し方、施設入居者の家族との接し方を体験談を交えてお話してくださいました。

zadannkai001.jpg

zadannkai002.jpg

保育の道に進んだ卒業生からは、職場での失敗談、新人として上司とのコミュニケーションの取り方などのお話をしてくれました。

zadannkai003.jpg

zadannkai004.jpg

それぞれのお話を聞いた後、全体でコミュニケーションをとる時に気を付けていることや、話し方などの卒業生が気を付けていること、学生たちがこれから社会にでてから気を付けていかなければいけないことを教えていただきました。学生たちは各専攻関係なく5人のお話に耳を傾けていました。

卒業生の皆さん、貴重なお話をありがとうございました。


もうすぐ第54回学生祭です!

|

もうすぐ学生祭です。

今年は、10月15日(日)10:00~15:00の日程で行います。

ぜひお越しください。

開催内容はこちらのPDFファイルをご覧ください ⇒ 第54回学生祭

2017_gakuseisai.jpg

9月26日(火)にむつ市民大学の皆さんが本学(青森明の星短期大学)に一日体験入学しました!

初めに入学式を行い、本学の石田一成学長から学生賞授与、告辞がありました。

mutsusiminn001.jpg

次に今回の体験入学の特別講義として、本学教員の棟方ナナ子准教授から介護体験の講義が行われました。

テーマを「~ボディメカニクスの実践編~」として、

①ベッドメーキング

②ベッド上の介助方法

の2つの事について学びました。

mutsusiminn002.jpg

mutsusiminn003.jpg

mutsusiminn004.jpg

最後に石田一成学長とむつ市民大学の皆さんで記念撮影!

mutsusiminn005.jpg

皆さん笑顔で帰っていかれました。またぜひ本学にいらしてください!

「ねぶた師に魅せられて ~ねぶた師の一年~」

|

9月20日(水)にジムナーズで行われたキャリアサポートⅠに講師としてねぶた師の立田龍宝さんが来てくださいました。
「ねぶた師に魅せられて ~ねぶた師の一年~」という演題でお話していただきました。

nebutashi001.jpg

立田龍宝さんは、5歳の頃に見たねぶた制作とねぶた祭りで感動し、ねぶた師になる夢を抱くようになったそうです。
小学生の頃からねぶた小屋に通うようになり、小学校5年生でねぶた制作の手伝いをさせてもらえることになり、中学2年生で正式に弟子として認めてもらえるようになりました。
ねぶた制作の現場では、師匠は何も教えてくれなかったそうです。しかし、そのことで教えてもらうのではなく、「失敗して覚える」ということの大切を知ったと立田龍宝さんはおっしゃっていました。

nebutashi002.jpg

高校生、大学生、教員と道を進んできた立田龍宝さんですが、一度もねぶた師になるという夢は消えなかったというお話に生徒たちも多くのことを感じたようでした。後期に入って初めてのキャリアサポートⅠでしたがとても集中して聞いていました。

nebutashi003.jpg

立田龍宝さん貴重なお話をありがとうございました。

 後期に入り、キャリアビジネスコースでは外国人観光客のクルーズ船実習を行っています。これはキャリア支援演習の一環として今年からスタートした取り組みです。


 今回は青森市でインバウンド事業を精力的に展開している山内・リチャードソン・澄子先生(本学非常勤講師)の指導のもと、新中央フェリー埠頭へ現場見学に行きました。

cruise001.jpg


cruise002.jpg


cruise003.jpg


cruise004.jpg

 フェリー埠頭では観光客を案内するブースが設置されており、現場スタッフの実際の対応を見学することができました。

cruise005.jpg

 現場の通訳スタッフにも仕事のお話をうかがうことができました。

cruise006.jpg

 現場に行くと観光客への対応の仕方だけでなく、観光を誘致する青森市の現状と課題が見えてきます。

 次回の実習は10月2日(月)です。

 いよいよ、これまで学習した英語で観光案内を体験します!


「2017中泊町通学合宿」にリーダーとして参加しました。

|

中里地区管内の小学生4~6年生が中央公民館を拠点に913日(水)~16日(土)の34日で「2017中泊町通学合宿」を行い、本学保育専攻の1年生3名が学生リーダーとして参加しました。

通学合宿は保護者の手を離れ、子どもたちに生活の実体験を提供し、他の学校の異年齢の子どもたち同士が協力し合いながら生活することによって協調性を育み、買い物や料理づくり、布団の上げ下ろし等を体験させることによって自主性、自立性を養い、こども・おとな双方に家庭や家族の大切さを見つめなおす機会とするとともに、事業を通して「地域での子育て」を推進することを趣旨として開催されるものです。

開講式では中泊町教育委員会米塚鈴子教育長より、通学合宿から学ぶことについてのお話がありました。

tuugaku001.jpg

初日の夕食作りに買い出しに出ます。これから、3泊4日の合宿のスタートです。

tuugaku002.jpg

最終日には体験活動で津軽鉄道の金木駅から津軽中里駅までを小学生と一緒に乗車。思い出にもなったようです。

tuugaku003.jpg

tuugaku004.jpg

感想文を全員で書いた後、閉講式が行われました。

tuugaku005.jpg

tuugaku006.jpg

tuugaku007.jpg

tuugaku008.jpg

中泊町の小学生の皆さん、保護者の皆さん、中泊町関係者の皆さんありがとうございました。来年もまた参加します。


幼児体育指導者講習を実施

|

保育専攻で取得できる資格の一つ、「幼児体育指導者2級」の講習を917日(日)、18日(月)の2日間に渡り実施しました。

講師は、日本幼少年体育協会検定指導員の西垣先生です。

DSC_0070.jpg


この「幼児体育指導者2級」資格は日本幼少年体育協会が認定する、幼児に対して安全で正しい体育指導をするための理論や実技を学ぶことができる資格です。

参加学生は、子どもたちのお手本としてふさわしい身体表現や、正しい手順の補助や指導について熱心に学んでいました。

DSC_0079.jpg

DSC_0081.jpg

DSC09840.jpg


学生からは、

「楽しく学べた」

「子ども目線の補助について考える機会になった」

「今後に生かせるものをたくさん得られた」

などの声が寄せられました。


西垣先生、ありがとうございました。

DSC_0072.JPG


第5回 オープンキャンパスを開催しました。

|

9月16日(土)、第5回オープンキャンパスが行われました。

台風の影響による天候の心配も杞憂に終わり、多くの参加者でにぎわいました。

本学の概要説明や学生スタッフによる学校生活の紹介を行い、その後はカフェテリアにてランチタイムです。

参加者、学生スタッフ、本学教職員と、同じご飯を囲みながらの交流に話も弾みます。

IMG_4186.JPG

ランチ後は、専攻やコースごとに分かれて体験授業です。

【保育専攻】

「子どもと楽しむ保育技術」をテーマに、絵本の読み聞かせ、パネルシアター、手遊び、転がるおもちゃを作る造形活動と様々な保育技術を体験しました。

学生スタッフによる手遊びの披露などでは、参加者は自然と振りを真似するなど楽しげな雰囲気でした。

IMG_4818.JPG

IMG_4208.JPG

IMG_4205.JPG



【キャリアビジネスコース】

ロイロノートというICT教育ツールを使い、「自己紹介プレゼン」を体験しました。参加者は初めて触れるICT教育ツールに最初は戸惑ったもののすぐに順応し、プレゼン作りから発表まで、実際の授業と同様の流れを楽しく体験しました。

IMG_4803.JPG

IMG_4806.JPG


【介護福祉コース】

80歳になった自分をイメージすることをきっかけに老化について考え、高齢者への適切な接し方などを学ぶ体験をしました。杖や歩行器の使い方、認知症予防の頭の体操など和気あいあいとした雰囲気で授業が行われました。

IMG_4192.JPG

IMG_4193.JPG



その後、施設見学や、寮見学、学生スタッフとの交流会などを行いました。

交流会では、参加者から入試について、資格について、サークル活動についてなど、たくさんの質問が寄せられ、学生スタッフがざっくばらんに答えていました。お菓子を囲みながらの気が置けないやり取りは大変盛り上がったようです。

参加してくださった皆様、遠くからもお越しいただき誠にありがとうございました。

次回は 2018年 317日(土) 13時から開催いたします。

皆様のご参加を学生スタッフ、教職員共々、心よりお待ちしております!


第5回オープンキャンパス開催迫る!

|

9月16日(土)、11時より今年度5回目のオープンキャンパスを開催いたします。OC84.jpg【今回の体験授業内容は?】

保育専攻;「子どもと楽しむ保育技術~読み聞かせ、手遊び、造形活動など~」
担当講師: 髙橋多恵子先生、木戸永二先生

「保育技術」とは、「子どもとコミュニケーションをとるために必要な、子どもの発達理解を基盤とした表現活動」のことです。絵本の読み聞かせや手遊び、造形活動などさまざまあります。今回は、学生スタッフが皆さんに保育現場でも行なわれているいくつかの保育技術を紹介します。その後、一緒に楽しみながら体験してみましょう。oc91.jpgコミュニティ福祉専攻 介護福祉コース;「未来の自分!描いてみよう」~高齢者のイメージづくり~

担当講師: 小笠原仁美先生

あなたの未来の自分をイラストで描いてみましょう。描くことで、高齢になるとどのような変化が出てくるのかを理解し、高齢者のイメージをふくらませて理解を深めていきましょう!oc92.jpg


キャリアビジネスコース;ロイロノートでプレゼンしよう!」

担当講師: 進藤将敏先生

キャリアビジネスコースでは、iPadやスマートフォンのアプリ『ロイロノート』を使った授業を展開しています。ロイロを実際に操作して、課題の作成から提出までを体験したり、自己紹介のプレゼンテーションをしてみましょう。oc93.jpg

 その他、入試説明、施設見学、個別相談があります。個別相談では、学生スタッフが対応するブースを設けますので、気兼ねなくなんでもご相談ください。保護者の方も是非一緒にお立ち寄りください。

 ランチ付です!

 みなさまのお越しをお待ちしております。

OC4.jpg

造形展、無事終了しました!

|

9月9日(土)、10日(日)昨年に引き続きしんまちキャンパスにて造形展「あけたんのぞうけい vol2」を行いました。

保育専攻で行われる造形の授業作品を集め、学生たちの創意工夫と学びの成果を披露する展覧会です。


IMG_3186.jpg

主な展示作品は、

・子どもが乗れる紙の遊具

IMG_3187.jpg

・『ぼうしとったら』を作ったら

IMG_3185.jpg


・光のオブジェ

IMG_3183.jpg

・妖怪を生み出す

IMG_3182.jpg

・段ボールで作るオリジナル帽子

・フロッタージュ&コラージュ

などでした。


保育者として子ども達の感性を育むために必要な大きな二つのポイントは、

①素材や道具の使い方についての知識と技術の引き出しを増やす

②作ること、見ることを楽しむ心を養う

この二つと考え、それが身につくような授業を目指し取り組んでいます。


見て下さった皆様に、その成果の一端でも伝われば幸いです。

ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。


東日本大震災追悼行事

|

 9月11日(月)、東日本大震災犠牲者追悼行事に参加しました。この行事は青森明の星中学・高校・短大付属幼稚園児、そして本学が一同に会し、犠牲者のご冥福を祈り、笹舟で精霊流しを行うものです。今年もたくさんの方が集まりました。

higasinihon3.jpg

 本学代表としてコミュニティ福祉専攻1年柏木樹さんが、祈願文を読み上げました。higasinihon1.jpghigasinihon2.jpg 最後に、堤川に笹舟を流しました。東日本大震災から6年半が経ちました。亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、被災者の方に一日も早く、心からの笑顔が戻り、安心して生活を送ることができますようお祈りいたします。

「あけたんのぞうけい」展を行います。

|

99日(土)、10日(日)に、本学のしんまちキャンパス(成田本店新町店の4階)にて「あけたんのぞうけい」展を開催します。

開催時間は両日とも10時から17時までです。

本学保育専攻で行われている「造形」の授業、その授業内で作られた様々な学生の作品を展示にてご紹介します。写真は授業風景の一部です。

IMG_3882.JPG

IMG_3938.JPG

IMG_2953.JPG

IMG_3936.JPG


平面作品に立体作品、見て楽しむものと触ったり乗ったりして遊べるものなど・・・。

学生の様々な創意工夫を是非ご覧ください。

どなたでも入場無料です!


被災地復興ボランティア がんばってます!

|

8月29日(火)から行われている被災地復興ボランティアに参加している学生の様子を紹介します!

8月30日(水)に学生たちは、朝から釜石ベースでラジオ体操で体を動かした後、鵜住居防災センター跡地の慰霊灯でお参りをしました。その後、高田松原の道の駅の被災地跡地を見学し、最後に陸前高田市の有名な奇跡の一本松と記念撮影しました。

fukkou_volunteer_001.jpg


fukkou_volunteer_002.jpg

(施設の説明を受ける学生たち)

8月31日(木)は、市営住宅で住民の方たちと交流し、カリタス大船渡ベース内でボッチャ体験会をし、その後お茶会をしました。被災者の方から実際に体験した時のお話を聞き、学生たちはとても勉強になったようです。

fukkou_volunteer_003.jpg

fukkou_volunteer_004.jpg

(市営住宅の方々とのお茶会、たこ焼きパーティーの様子)

fukkou_volunteer_005.jpg

(カリタス大船渡ベース内でのボッチャ体験会)

fukkou_volunteer_006.jpg

(その後のお茶会の様子)

fukkou_volunteer_007.jpg

(大船渡市内の被災地見学の様子、高台から見える範囲が津波に流されました。)

fukkou_volunteer_008.jpg

高田松原の「道の駅」です。赤い矢印のところまで津波が押し寄せたということです。

fukkou_volunteer_009.jpg

最終日は近所にあるカトリック大船渡教会の清掃と、保育専攻の学生が居るということで教会の横にある星の海幼稚園の見学をしました。

fukkou_volunteer_010.jpg

fukkou_volunteer_011.jpg

学生の皆さん、たくさんの経験をしてください!