「青森市と青森市内高等教育連携機関との包括連携協定締結式」が行われました。

|

 10月20日(金)16時20分から青森市役所で「青森市と青森市内高等教育連携機関との包括連携協定締結式」が行われました。

platform004.jpg

(写真左から青森明の星短期大学 石田一成学長、小野寺晃彦市長)

 この連携協定は地域の問題に協力して取り組むための協定で、最終的に青森商工会議所、青森市、青森市内高等教育機関の産官学で取り組むことになっています。


 最初に小野寺市長から挨拶を頂きました。

platform001.jpg

小野寺市長は、「産官学での連携した仕事づくり、町づくりを行っていく。青森市を挑戦を誇れる町にしていきたい。」と挨拶をいただきました。


 次に青森市内高等教育連携機関を代表して本学石田学長から挨拶がありました。

platform005.jpg

 石田学長は、「6校の枠を越えて連携し、若い人材を育てていく。挑戦を誇れる町に加えて若者が誇れる町にしていきたい。」と挨拶してくれました。


platform002.jpg

(青森市内の6校の大学・短大の学長、副学長と小野寺市長)


 今後、産官学だけでなく地域・市民とも一体となって青森市をよくしていきたいと考えています。