北斗高校の皆さんが見学会に参加してくれました!

|

11月17日(金)の午後に青森県立北斗高校の皆さんが本学を見学しに来てくれました!


最初に本学の石田一成学長から挨拶があった後お菓子を食べながら談笑し、その後明の星短期大学について説明がありました。

2018_hokuto001.jpg

学長は、「本学は生涯学習をかかげていて、誰でもどこからでも勉強できる環境がある。北斗高校の皆さんの先輩にあたる生徒や卒業生もいる本学をぜひ知ってほしい。」と言っていました。


次に普段行われている授業を知ってもらうため体験授業を行いました!

担当するのは「造形」の授業を担当している木戸永二先生です!

2018_hokuto002.jpg

まずは、みんなで4等分された紙にお題にそって順番に絵を描いていくという「絵つなぎリレー」という造形あそびを行いました!このあそびは他の人が絵を描いている時は目をつぶり、自分の番になってもすでに描いてる絵を袋で隠している為ほんの少しだけ見えている部分で推理して続きを書いていかなければなりません。

今回のお題は怪人です!高校生たちは続きを見えている部分から悩みながら推理していき、最後にユニークな怪人を完成させました!


次に適当に書いたなぐりがきの絵がどんなものに見えるかという「見立て遊び」を行いました!

2018_hokuto003.jpg

高校生たちはなぐりがきの絵を見ながらそれぞれ色を塗っていきました。最後にみんなで絵を見せ合うと人によっては魚に見えたりカラスに見えたりリンゴに見えたり、ユニコーンに見えると言っていた高校生もいました!


このように造形の体験授業を行った後、北斗高校の卒業生である本学の在学生とお菓子を食べながら交流し、見学会は終了となりました。


北斗高校の皆さん見学会に来てくださってありがとうございました!