2018年2月アーカイブ

共同FD研修会を開催しました

|

 平成30年2月28日(水)、青森中央学院大学・青森中央短期大学の会場で共同FD研修会が開催されました。これは、青森中央学院大学、青森中央短期大学、そして本学の3校が共同して研修を開催したものです。今回は、記念すべき第1回目で、本学からは10名、総勢48名が参加しました。

 初めに、青森中央短期大学久保薫学長より挨拶がありました。FD1.jpg ご講演いただいたのは、中京大学国際教養学部杉江修治教授です。FD2.jpg 杉江先生は主に教職課程の授業を御担当されているそうで、今回の講演では、学生には最初に見通しを持たせて授業を行うことの大事さや、学校全体で取り組むことが重要であるということを話されていました。大変わかりやすく、2時間があっという間でした。もっと話を聞きたいと思う内容でした。FD3.jpgFD4.jpgFD6.jpg 最後に、本学の坂本副学長より、第2回以降も続くように考えていきたいと挨拶をして終了となりました。FD5.jpg 連携した学びは刺激にもなりますし、次年度は本学が担当し、また共に学んでいきたいと思います。今回担当していただいた青森中央学院大学、青森中央短期大学の皆さま、ありがとうございました。

『青森市内フットサルリーグ 石田杯』が開催されました!!

|

 2月26日(月)、青森明の星短期大学で「青森市内フットサルリーグ 石田杯」が行われ、青森明の星短大、青森大学、青森県立保健大学、青森公立大学、青森中央学院大学の市内5大学が一堂に集い、熱戦が繰り広げられました。

Ishida_Cup_Futsal_img001.jpg


 開会式では、主催者である石田学長(明の星短大フットサルサークル会長)から、「この大会を通じて互いに親睦を深め、サッカー、フットサル、学業ともに切磋琢磨して欲しい」とご挨拶の言葉をいただきました。

Ishida_Cup_Futsal_img002.jpg


 試合は、参加チームのほとんどが大学リーグ等で上位に位置するサッカー部ということもあり、非常にハイレベルで大接戦となりました。

 中でも、明の星短大は強豪相手に得点を奪うなど奮闘し、チームの成長を示しました。

Ishida_Cup_Futsal_img003.jpg

Ishida_Cup_Futsal_img004.jpg

Ishida_Cup_Futsal_img005.jpg

Ishida_Cup_Futsal_img006.jpg


【大会結果】

 優勝 青森大学

Ishida_Cup_Futsal_img007.jpg

青森大学は大会2連覇!!

「石田杯」、「賞金」、「豪華景品」(協賛企業の(株)東京堂様よりご提供)が贈呈されました。


2位 青森公立大学

Ishida_Cup_Futsal_img008.jpg

3位 青森中央学院大学

Ishida_Cup_Futsal_img009.jpg

4位 青森県立保健大学

Ishida_Cup_Futsal_img010.jpg

5位 青森明の星短期大学

Ishida_Cup_Futsal_img011.jpg


 今大会は地元テレビ局に取材に来ていただき、華やかな大会となりました。


Ishida_Cup_Futsal_img012.jpg

インタビューを受ける佐藤孔太選手(明の星短大)


 石田杯は青森市内の大学生が集う貴重な大会です。

 今後も地元で活躍している大学生の交流の場とし、広く地域の方々にも応援していただければと思います。

Ishida_Cup_Futsal_img013.jpg

 来年は、第3回大会を青森大学で開催予定!


『青森市内フットサルリーグ 石田杯』のお知らせ!

|

2月26日(月)、「青森市内大学フットサルリーグ石田杯」が開催されます。


【大会概要】

■主催:  青森明の星短期大学フットサルサークル(会長 石田一成)

■協賛:  (株)東京堂

■参加チーム: 青森明の星短大フットサルサークル、青森大サッカー部、保健大サッカークラブ、公立大サッカー部、中央学院大サッカー部

■会場:  青森明の星短期大学 ジムナーズ

■時間:  13:00~17:00 入場料無料


今年で2回目の開催となる石田杯。

青森市内の大学生プレイヤーが一挙に集う貴重な大会です。

前回優勝の青森大学サッカー部をはじめ、強豪チームがハイレベルなゲームを展開します!

フットサルを観戦したい方、ぜひご来場ください!!


2017fut.jpg昨年度の大会より

 2月6日(火)12:45に青森明の星短期大学と青森市の間で「災害時における避難所協定施設に関する協定について」の締結式が青森市役所で行われました。

hinannzyo_teikei004.jpg


 この協定は、青森市域において災害が発生した場合、青森明の星短期大学の明の星交流センターすてら交流室及び明の星学園生涯学習センタージムナーズを避難場所として地域住民の方々が使用することについての協定です。

 hinannzyo_teikei001.jpg


 本学の石田学長からは、「災害時は子どもや高齢者など弱者が一番不安になる。何かあったら明の星、何もなくても行き慣れた明の星になるように取り組んでいきたい。」と挨拶がありました。

hinannzyo_teikei003.jpg

(マスコミの質問に応答する石田学長)


 本学は、これからも地域の方々に利用してもらえる環境つくりに取り組んでいきます。

課題研究発表会が行われました

|

2018年2月2日(金)、本学にて介護福祉専攻の課題研究発表会が行われました。

2年生は、これまで学んだものの中から掘り下げて学びたいテーマを選び、1年間かけて調べたものを発表しました。kadai1.jpg↑『高次脳機能障害について』kadai2.jpg↑『おひとり様の心構え』kadai3.jpg↑『障がい者の性差別』kadai4.jpg↑『海外研修を通して感じたこと』

 中には調べるのが難しそうなテーマもありましたが、よくまとまっていたと思います。

 1年生は次年度に向けて、メモを取りながら熱心に聞いていました。

 皆さん緊張していましたが、全体的にとても素晴らしい発表でした!

第39回母子保健奨励賞(橋爪先生受賞)

|

 今年度の『母子保健奨励賞』に、本学へ非常勤講師としておいでになっている橋爪直美先生が選出され、表彰されました。

 橋爪先生は、本学で「医療的ケア」「乳児保育」「心身の発達」他、多数の授業を受け持っていらっしゃいます。

 この『母子保健奨励賞』は、選考理由に「日々の業務において、地域に共通する課題を発見し、その解決のために他機関・多職種と連携して成果を収め、また自らのスキルを高めて問題を解決に導くなど、母子保健全体の発展に貢献した」とあります。

 平成29年11月28日(火)に、表彰式典が東京ガーデンパレスにて開催され、当日の表彰式典では受賞者15名が表彰を受けました。橋爪先生は、皇太子殿下にお会いし、お祝いのお言葉をいただいたそうです。橋爪先生、おめでとうございます!hasidumet.jpg あでやかなお着物姿の当日のお写真はこちらで!