災害時における避難所等施設としての使用に関する協定締結式が行われました。

|

 2月6日(火)12:45に青森明の星短期大学と青森市の間で「災害時における避難所協定施設に関する協定について」の締結式が青森市役所で行われました。

hinannzyo_teikei004.jpg


 この協定は、青森市域において災害が発生した場合、青森明の星短期大学の明の星交流センターすてら交流室及び明の星学園生涯学習センタージムナーズを避難場所として地域住民の方々が使用することについての協定です。

 hinannzyo_teikei001.jpg


 本学の石田学長からは、「災害時は子どもや高齢者など弱者が一番不安になる。何かあったら明の星、何もなくても行き慣れた明の星になるように取り組んでいきたい。」と挨拶がありました。

hinannzyo_teikei003.jpg

(マスコミの質問に応答する石田学長)


 本学は、これからも地域の方々に利用してもらえる環境つくりに取り組んでいきます。