2018年6月アーカイブ

合浦公園で清掃ボランティアを行いました!

|

2018年6月30日(土)、本学近くの合浦公園にて、清掃ボランティアを行いました。gappo0.jpg

海開きを前に清掃ボランティアを行い、公園を訪問した方々が気持ちよく使えるようにと、明の星学園が短大、中学・高校、幼稚園と一斉に毎年行っている行事です。gappo1.jpg

雨が降り出しそうな天気でしたが、なんとか持ちこたえ、涼しい気候のもと、楽しそうに清掃活動を行っていました。

gappo2.jpg先生方も一緒になってゴミ拾いを行い・・gappo4.jpggappo5.jpggappo6.jpg海岸沿いはとてもきれいになりました!gappo7.jpggappo8.jpg

清掃終了後、ふっとサークル主催による『ビーチ・レクリエーション』を行っていました。砂浜で行うレクはとても楽しそうでした!gappo9.jpggappo11.jpg


第2回新卒者激励会を行いました。

|

6月24日(日)ホテル青森にて昨年度に引き続き新卒者激励会を行いました。

当日は県内全域から34名の卒業生が集まってくれました!


2018gekireikai_aomori006.jpg

開会にあたり、石田学長から卒業生に向けての挨拶がありました。


2018gekireikai_aomori002.jpg

2018gekireikai_aomori003.jpg

2018gekireikai_aomori004.jpg

2018gekireikai_aomori005.jpg

続いて先生方から卒業生に向けてのねぎらいやエールがあり、卒業生一人ひとりからは近況報告がありました。


2018gekireikai_aomori001.jpg

最後は全員で集合写真!

卒業生の皆さん、ありがとうございました。


2018gekireikai_aomori007.jpg

2018gekireikai_aomori008.jpg

2018gekireikai_aomori011.jpg

2018gekireikai_aomori012.jpg

2018gekireikai_aomori010.jpg

2018gekireikai_aomori009.jpg

閉会後、卒業生たちは、友達や先生方とお互いの近況について情報交換したり、短大時代の思い出話に華を咲かせていました。


皆さんの声を聴いてくれる友達や先生方がいることを忘れず、月曜日から各職場でまた頑張ってください!

フットサルサークルの日常

|

先週の日曜日は男女混合の練習試合に参戦!!

fut_nadesiko003.jpg

fut_nadesiko002.jpg

fut_nadesiko001.jpg


そして、

週末はバーベキュー!!

futball_bbq001.jpg

futball_bbq002.jpg

futball_bbq003.jpg

「フットサルを通じた国際交流、地域交流、大学間交流」を心がけ、今後も楽しい活動を展開していきます!!


今後の予定:「ビーチ・レクリエーション@合浦公園」、「国際フレンドリーマッチ@明の星短大」など


活動日:月・水・金 18:00~20:00 本学ジムナーズ

※個サルOK 参加無料 (特に女性・子ども優遇 ぜひ来てください!)

問合せ先(代表):shindo@aomori-akenohoshi.ac.jp

本学学生がミスねぶたに選ばれました!

|

本日(6月23日)開催された「ミスねぶたコンテスト」において、キャリアビジネスコース1年の萩野未悠さん(八戸東高校出身)がミスねぶたに選ばれました!

IMGP3806-1.jpg


書類選考をクリアして決勝審査に進んだ萩野さんは、他の10名と共に本選に臨みました。

審査課題の「1分間スピーチ」では、ハキハキとした口調でねぶた祭りにかける思いや抱負を語り、続いての審査員からの質問にもしっかりと答えていました。

IMGP3352-1.jpg


そして審査の結果、ミスねぶたに選ばれました!
受賞インタビューではその喜びを語り、会場からのリクエストで英語でねぶた祭りについて紹介する一幕もありました。

IMGP3597-1.jpg

萩野さんは、ミスねぶた、ミスねぶたグランプリに選ばれた他の二人と共に、今後1年間ねぶた祭りのPR活動に携わることになります。

萩野さん、おめでとうございます!

IMG_5839-1.jpg

応援のみんなも、お疲れさまでした!


東奥日報の夕刊で連載をしているコラム「パパ・ママ奮闘記」は皆さんご存知でしょうか?このコラムには子育てをしているパパ・ママの嬉しさあるいは悩みが体験談として掲載されています。2018年6月12日(火)の夕刊の記事では,パパじゃなくてなんでもママに頼ってしまう我が子の日常のやり取りがパパの悩みとして描かれていました。

 この体験談を受けて,本学教員である髙橋多恵子先生がアドバイザーとして助言されました!乳幼児の発達の段階を踏まえて「イヤイヤ期」であると分析をし,「イヤイヤ期は実際にパパが嫌ではなくて,寧ろ子どもの成長の表れ」であると,パパの心情に寄り添いながらアドバイスされていました。

 是非ご一読ください!

東奥日報「パパ・ママ奮闘記」2018年6月12日変更.jpg


日商簿記1級取得への道が始まりました

|

きょう(6月20日)から、「簿記論」の授業で日商簿記1級取得を目指す内容がスタートしました。
これまでの2級、3級の内容からステップアップしていきます。

きょうは、2級挑戦中の学生も含めて、スタートに当たって石田学長から激励があり、続いて担当の三浦先生から授業内容の説明のあと、授業に入りました。

IMGP4309-1.jpg

IMGP4338-1.jpg

学生たちは、目標に向かって挑戦していきます。



今年度より、私たちは地域の未来を切り拓く取り組みに挑戦します!

「地域に根付いた国際教育」をめざし、地域における価値(ブランド)を高めて参ります。

good_bridge_for_the_sustainable_future.jpg

詳しい内容や今後の動向は本学HPへ(近日、ブランディングコーナーを設置予定!!)

陸奥湾の海と山をつなぐ植樹祭

|

6月17日(日)に行われた陸奥湾の海と山をつなぐ植樹祭のボランティア活動に本学の学生たちが参加しました!

2018volunteer_hotate001.jpg

2018volunteer_hotate002.jpg


このボランティアは、広葉樹の苗木を植林して山の地盤を強化し、陸奥湾のホタテが土砂崩れなどの被害に合わないようにする為に行われました。

2018volunteer_hotate003.jpg

学生たちは険しい山道を登って穴を掘り、苗木を植えるという大変な作業をこなしました。


2018volunteer_hotate004.jpg

最後にはホタテ汁がふるまわれ、学生は疲れを癒していました。


人間の優しさ ~優しさ溢れる社会でありたい~

|

6月13日(水)のキャリアサポートⅠに元青森放送制作局長 安達尚彦さんが講師として来てくださいました。

adachi2018_001.jpg


安達さんは青森放送でラジオ・テレビ番組の製作をしてきました。実際に安達さんが制作した番組を学生たちに見せてくれました。定時制高校に通いながら、漁業に従事する2人の若者に焦点を当てた番組や伊奈かっぺいさんの家族をテーマにした番組など様々な映像を見せてくれました。

adachi2018_002.jpg

adachi2018_003.jpg


安達さんは、「優しさは、相手を思いやること。優しさを持った社会人になってください!」と学生にメッセージをおくりました。

安達さんありがとうございました!

警察の防犯セミナー

|

 2018年5月30日(水)3校時の「フレッシュマンゼミ」では防犯セミナーを開催しました。

青森県警察本部の方をお招きし、犯罪に関する知識を学びました。


 後半は、性犯罪に合わない為の護身術を行い、学生たちはお互い真剣な表情で実践していました。

20180606_002.jpg


 被害にあわない為にも、「日頃から注意しておくことが大切である。また、被害に会った際はためらわずに相談へ来てほしい。」と話され、学生には実りあるセミナーなりました。

第2回オープンキャンパスが開催されました!

|

6月9日(土)13時から今年度第2回目のオープンキャンパスが行われました。

今回のオープンキャンパスは前回同様オープンなスタイルで、次の3つの内容を中心に行われました。

・学生スタッフとの交流を通して、短大の魅力を知ろう!

・専攻・コースの説明や、入試・奨学金の説明がいつでも聞ける!

・体験授業から専攻・コースの特色を知ろう!

オープンキャンパス開催時間内に自由に施設見学などもできるようにしました。


短大の概要と学生生活の様子を紹介する全体説明からスタート。

DSC_0017.jpg


学生スタッフによる学生生活の紹介は、アルバイトやサークル等についても触れ盛りだくさんの内容でした。

DSC_0018.jpgDSC_0021.jpg

その後、参加者は専攻・コースごとのブースに分かれて説明を聞いたり、学生スタッフと交流したり・・・

DSC_0046.jpg

体験授業に参加したりと自由に過ごしました。

保育専攻の体験授業は「子どもは遊びから何を学ぶ?」というタイトルで、子どもたちは遊びを通してどのようなことを学んだり身につけたりしているのかを学びました。

実際にビニール袋や積み木での遊びを体験して、子どもたちがその遊びから何を学んでいるのかを考えました。

DSC_0036.jpgDSC_0039.jpg


キャリアビジネスコースは「コースの魅力について」というタイトルで、

タブレットとロイロノートの基本的な活用方法を実践的に学びました。写真を共有したり、動画を組み込んだ発表資料を作ったりと楽しんでいました。

DSC_0043.jpgDSC_0045.jpg


介護福祉コースは「セルフマッサージ体験」というタイトルで、自宅で実践できるハンドマッサージを体験しました。ハンドケアにどのような効果があるのか、なぜ行うのかを体験と通して学びました。

DSC_0049.jpgDSC_0054.jpg

体験授業終了後も参加者の皆さんは、たっぷりと学生スタッフと語り合い、本学の雰囲気や魅力を感じ取ってくれた様子でした。

次回のオープンキャンパスは7月22日(日)11時から行います。より詳しい各種説明や体験授業を行う予定です。

皆さんのご参加をお待ちしております。

DSC_0056.jpg


中里高校の皆さんが見学に来ました

|

6月8日(金)10時から13時にかけて、青森県立中里高等学校1年生の皆さんが本学を見学に来てくれました。

0608_nakasato_img0001.JPG

最初に、鈴木入試広報センター長から歓迎の挨拶がありました。

0608_nakasato_img0002.JPG

続いて、石田学長より本学の教育について紹介していただきました。

0608_nakasato_img0003.JPG

次に学内の一部を見学し、保育専攻の授業の一つである「保育実践演習」中間発表を見学した後、「福祉用具を使ってみよう」という体験授業に参加しました。

0608_nakasato_img0004.JPG

コミュニティ福祉専攻講師の三國先生から福祉用具について説明を受け、介護に使う用具を実際に触ったり動かしてみたり、電動車いすに乗ったり、電動介護ベッドに実際に寝てみたりしました。

0608_nakasato_img0005.JPG

視覚障害者の疑似体験もしました。

0608_nakasato_img0006.JPG

0608_nakasato_img0007.JPG

最後は、石田学長と記念撮影!!

今度は是非、オープンキャンパスに参加してください。

お待ちしております。

泥団子を作りました!

|

今回は美術部の活動を少し紹介します。

顧問の趣味に付き合ってもらい、部員の皆で泥団子作りに挑戦してみました。

校地内の中庭の土(黒っぽい普通の土かな)を少し拝借し、調べた知識を基に手探りで作業を進めます。

①土をふるいにかけ根や石などの異物を取り除き、

IMG_0664.JPG

②水をちょっとずつ足していき、なんとなくベトッとした小麦粉粘土?のような硬さにしました。

IMG_0663.JPG

③空気を抜きながら丸くしていきます。

IMG_0666.JPG

と進めたあたりで雨が降り出してしまったので、今日はここまで。ビニールを被せたりしながら寝かせてみます。

IMG_0669.JPG

後日、寝かせていた泥団子を磨いてみました。

①細かな土をまぶしながら、優しく手でこすり

IMG_0636.JPG

②40分ほど平らなアスファルトの上でひたすらコロコロ転がしてみました。荒い凹凸がとれてきた気がします。

IMG_0637 s.jpg

③ストッキングが磨くのに良いという情報を得たので、1時間ほどストッキングで「丸くなれ...光り輝け...」と念じながら磨き続けます。そしたら、こんな具合になりました。

IMG_0644.JPG

元の土っぽさがなくなり、石のようです。泥団子としてはまだまだ未熟な段階かもしれませんが、私と泥団子の間に見事に愛着関係が形成された気がします。名前を付けたいくらいです。

ちなみにこちらは学生の作品。素晴らしい丸さですね!

IMG_0659.JPG

土の種類や水分量、磨き方、保存の仕方などまだまだ奥深い泥団子作り。遊びを通して土の不思議、手の不思議を感じた気がします。

第2回 オープンキャンパスのご案内

|

6月9日(土)13時から16時にかけて、第2回オープンキャンパスを行います。

OC0519_img008.jpg





前回の様子







今回もオープンなスタイルで、

・学生スタッフとの交流&質問(お茶とお菓子も用意しています!)

・各専攻やコースの詳しい説明は会場内の説明ブースにて行います

・入学試験や奨学金&学費などについての詳しい説明

などを好きなタイミングで聞くことができます。

また、体験授業も全部体験できるように30分ずつのミニバージョンにしました。

体験授業だけ参加したり、学生スタッフと交流したりと時間内にいろいろと体験してください。

体験授業の内容は次のとおり、、、

◆保育専攻

「子どもは遊びから何を学ぶ?」 担当: 髙橋 多恵子,千葉 修平

 子どもたちは1日7~8時間遊ぶと言われています。遊びを通してどのようなことを学んだり身につけたりしているのでしょうか。

 実際にいろいろな遊びを体験して、子どもたちはその遊びから、何を学んでいるのかを一緒に考えてみましょう。

hoiku 6 brogyou.jpg

◆キャリアビジネスコース

コースの魅力について 担当: 進藤 将敏

 キャリアビジネスコースのめくるめく感動の世界を体験しよう!

caria 6 brgyou.JPG

◆介護福祉コース

セルフマッサージ 担当: 棟方 ナナ子

自宅で実践できるハンドマッサージを体験します。ハンドケアにどのような効果があるのか、なぜ行うのか考えてみましょう。

kaigo 6 brogyou.jpg


来場者プレゼントとして受付にてドリンク配布の他、フリクションマーカーをプレゼント!

更に、アンケートに答えてくれた方には今回人気グッズの一つである「付箋紙メモ帳」を差し上げます。

preOC0609_img001.jpg

preOC0609_img002.jpg

中はこんな感じ。

付箋紙とボールペンのセットとなっています。

なかなか便利ですよ!










どうぞご参加ください。


第2回 ねぶた制作紙貼りボランティア

|

先週に引き続き、6月2日(土)13時から17時にかけて、2回目のねぶた紙貼りボランティアが行われました。

今回も、14名が参加し延べ31名がこのボランティアを体験しました。

kamihari0602_img001.jpg

港町ねぶた実行委員会委員長の工藤誠一さんから紙貼りの注意と張り方を教わりました。

kamihari0602_img002.jpg

2回目ということもあり、前回より作業が進んでいて紙貼り箇所も少し難しいところがありました。

kamihari0602_img003.jpg




作業場はこんな感じです。

電球はLED電球を使っています。

場所によって電球の色を使い分けています。

明かりをつけることで、

紙がちゃんと貼られているか

チェックできます。






kamihari0602_img004.jpg

画像の左が作業はじめ、4時間の作業でどんどん手際が良くなり、張り終えた部分も多数ありました。

kamihari0602_img005.jpg

ボランティアに参加した皆さんお疲れ様でした。

このねぶたは、7月22日(日)には完成して台上げ式と安全祈願が行われます。

7月28日(土)と29日(日)には町内運航、8月2日(木)と3日(金)には合同運航に参加します。

今度は、ハネトや囃子方として参加しましょう。


<第1回>の様子

5月26日(土)13時から17時にかけて、今年1回目のねぶた制作紙貼りボランティアが行われました。

毎年、青森市の港町町会ねぶたの制作にボランティア協力しており、今回は過去最高の17名が参加しました。

kamihari_img001.jpg

今年のねぶたは「大国主命と少彦名命(オオクニヌシノミコトとスクナビコナノミコト)」、日本神話のなかから大国主命と少彦名命の出会いの場を題材にしたものを制作します。

kamihari_img002.jpg

港町ねぶた実行委員長の工藤誠一さんと港町町会長の尾崎俊作さん他1名の方が

丁寧に紙貼りの指導をしてくださいました。

kamihari_img003.jpg



皆さん、最初はおそるおそる糊付け、

紙貼りしていましたが、、、









kamihari_img004.jpg

みるみる手際が良くなって、ほぼ張り終えたところもありました。

kamihari_img005.jpg

kamihari_img006.jpg

終了後、今回の参加者で記念撮影。

是非、ねぶた本番にはハネトや囃子方として参加してくださいと港町の皆さんから誘われていました。

紙貼りボランティアは6月2日(土)にもう一回行われます。