2019年2月アーカイブ

「第3回青森市内フットサルリーグ 石田杯」が開催されました!

|

 2019年2月26日(火)にマエダアリーナ(新青森県総合運動公園)で「第3回青森市内フットサルリーグ 石田杯」が行われ、青森明の星短期大学フットサルサークル、青森大学フットサルサークル、青森大学サッカー部、青森公立大学サッカー部、青森中央学院大学サッカー部の5チームが熱い試合を繰り広げました。

2018isidahai002.jpg


 開会式では、主催者である青森市内フットサルリーグ 石田会長(青森明の星短期大学学長)から、「この大会、フットサルを通じて青森市内の大学生たちが交流し、大会終了後も交流を続けるきっかけになってほしい」と挨拶がありました。

2018isidahai006.jpg


 試合は白熱したものとなり、各チームが普段の練習の成果を発揮し、大接戦となりました!

2018isidahai004.jpg

2018isidahai012.jpg


 今回青森明の星短期大学は女子プレイヤーが大活躍し、男子選手からゴールを奪う場面も!

2018isidahai008.jpg


【大会結果】

 優勝 青森中央学院大学サッカー部

2018isidahai005.jpg


 2位 青森大学サッカー部

2018isidahai009.jpg


 3位 青森公立大学サッカー部

2018isidahai011.jpg


 4位 青森明の星短期大学フットサルサークル

2018isidahai003.jpg


 5位 青森大学フットサルサークル

2018isidahai010.jpg


 青森明の星短期大学は目標である石田杯初勝利を達成しました!

2018isidahai001.jpg


 石田杯は青森で活躍している大学生の貴重な交流の場となっています。

 今後も広く地域の方々にも応援していただければと思います。

共同FD研修会に参加しました

|

青森市産官学連携プラットフォーム主催の共同FD研修会が、2月19日(火)に本学を会場に開催されました。

担当校である本学と青森中央短期大学以外にも、青森中央学院大学からも教職員が参加し、約50名の参加者となりました。

2018kyoudoufdkennsyuu001.jpg
青森中央短期大学の久保薫学長から開会のご挨拶をいただきました。


「能動的学修と教育の質保証のあり方」と題した今回の研修には、講師として山梨県立大学理事長・学長の清水一彦先生をお招きしました。

2018kyoudoufdkennsyuu002.jpg

2018kyoudoufdkennsyuu003.jpg

近年の高等教育改革の流れと課題、教育の内部質保証システム、学修成果の可視化などについて、ご自身のこれまでの取組みや山梨県立大学での取組みなどを交えて、詳しくご講演いただきました。


2018kyoudoufdkennsyuu004.jpg
閉会の挨拶は、本学の石田学長


参加者は、現在の大学・短大業界の課題となっている部分について、熱心に耳を傾けていました。

清水先生、貴重なお話をありがとうございました。

合同学修・研究発表会に参加しました

|

青森市産官学連携プラットフォーム主催の「情熱無限大AOMORI SIX 合同学修・研究発表会」が2月9日(土)に開催され、本学もステージ発表とポスター発表で参加しました。(会場:青森市・新町キューブ)

これは、広く市民に市内6大学のことを知ってもらうことが目的のイベントで、各大学から教員や学生たちが参加し発表が行われました。

まず研究発表として、本学専任講師の進藤将敏先生が「共同IRの取り組みについて」の発表を、共同研究者である、青森中央短期大学准教授 清多英羽先生と共にステージで発表しました。

2-IMGP4310.jpg

さらに、学生からの発表として本学からは、キャリアビジネスコース1年生の赤川友梨さんが「持続可能な開発目標(SDGs)のために私たちができること~森林認証FSCの現状と課題~」をステージにて発表しました。また、ポスター発表では、保育専攻「保育士のたまごが挑戦!子どもたちへの食育活動!」、コミュニティ福祉専攻・キャリアビジネスコース「外国人観光客おもてなしイベント」、介護福祉コース「地域とともに認知症を考えるin相馬町」、の3つが参加しました。

3-IMGP4353.jpg

4-IMGP4418.jpg

5-IMGP4480.jpg

6-IMGP4482.jpg

会場に集まった約150名の参加者は、各大学の研究や学修内容について興味深く見聞きしていました。

7-IMGP4231.jpg

大学連携公開講座を開催しました

|

2月7日(木)、本学と青森中央学院大学・青森中央短期大学が主催する、大学連携公開講座「災害時の避難所運営を学ぶ」を開催しました。
この公開講座は、3大学とも青森市と避難所としての使用に関する協定を結んでいることから、いざという時の対応を学ぶために開催されました。

防災士でもある阿部事務長補佐が講師のサポートに入るなど、本学からも教職員が参加し、青森中央学院大学・青森中央短期大学の学生・教職員及び地域の方々、合わせて約50名が参加しました。
1-IMG_7093.jpg

講師のNPO法人青森県防災士会の三浦青森支部長から講義を受けた後、実際に避難所を設営する演習を行いました。教室を体育館に見立て、通路を作ったり、ブルーシートを敷いて居場所を作ったり、段ボールを使って仕切りを作ったりし、実践的な演習でした。

1-IMG_7105.jpg

1-IMG_7111.jpg

1-bousaikouza.jpg

また、段ボールベッドを組み立てる体験も行い、床に敷いたブルーシートと段ボールベッドでの、寝た時の違いを確認していました。

1-IMG_7114.jpg

参加者は、初めて体験することばかりで戸惑いながらも、いざという時に備えて真剣に取り組んでいました。


学生ビジネスアイデアコンテストに出場しました

|

2月3日(日)、青森市主催の「学生ビジネスアイデアコンテスト」が、ねぶたの家ワ・ラッセ イベントホールで開催されました。

青森市内の大学・短大・専門学校などから7チームが出場し、それぞれビジネスアイデアを発表して競いました。

本学からは、キャリアビジネスコースの阿部さん、杉浦さん、横山さんの1年生3名のチームで出場。「インバウンド導入コンサル事業 PERA PERA(ペラペラ)」を披露しました。

IMGP4070-1.jpg
発表する3人

IMGP4073-1.jpg
司会のキューティーブロンズ先川さんからインタビュー

IMGP4083-1.jpg
審査員からの講評に聞き入ります


優勝は青森県立保健大学さんでした。本学は惜しくも入賞を逃しましたが、1年生チームとしては上々の出来でした。
大勢の前で発表するということは、貴重な経験になったと思います。
IMGP4188-1.jpg
参加者全員で記念撮影

IMGP4198-1.jpg
最後は指導教員の進藤先生(右端)と本田先生(左端)と一緒に

2018年度読書感想文コンクール表彰式について

|

 第11回「読書感想文コンクール」の表彰式が、2019年1月31日(木)に学長室にて行われました。

 最優秀賞はコミュニティ福祉専攻2年花木ありすさん、優秀賞は同専攻2年髙橋幸子さん、奨励賞は同専攻2年工藤康太さん、保育専攻1年佐藤麻里奈さんに決まりました。

 学長を囲んで入賞者4名の記念写真!おめでとうございます。

dokusyo.jpg 左上から工藤康太さん、学長、佐藤麻里奈さん

 左下から高橋幸子さん、花木ありすさん

受賞者 作品名
最優秀賞 花木ありす 自閉症と生きた少女
優秀賞 高橋幸子 親が老いていく
奨励賞 工藤康太 生物と無生物のあいだ
佐藤麻里奈 食堂かたつむり

 

 なお、入賞作品は図書館にて展示しております。是非お立ち寄りください。