合同学修・研究発表会に参加しました

|

青森市産官学連携プラットフォーム主催の「情熱無限大AOMORI SIX 合同学修・研究発表会」が2月9日(土)に開催され、本学もステージ発表とポスター発表で参加しました。(会場:青森市・新町キューブ)

これは、広く市民に市内6大学のことを知ってもらうことが目的のイベントで、各大学から教員や学生たちが参加し発表が行われました。

まず研究発表として、本学専任講師の進藤将敏先生が「共同IRの取り組みについて」の発表を、共同研究者である、青森中央短期大学准教授 清多英羽先生と共にステージで発表しました。

2-IMGP4310.jpg

さらに、学生からの発表として本学からは、キャリアビジネスコース1年生の赤川友梨さんが「持続可能な開発目標(SDGs)のために私たちができること~森林認証FSCの現状と課題~」をステージにて発表しました。また、ポスター発表では、保育専攻「保育士のたまごが挑戦!子どもたちへの食育活動!」、コミュニティ福祉専攻・キャリアビジネスコース「外国人観光客おもてなしイベント」、介護福祉コース「地域とともに認知症を考えるin相馬町」、の3つが参加しました。

3-IMGP4353.jpg

4-IMGP4418.jpg

5-IMGP4480.jpg

6-IMGP4482.jpg

会場に集まった約150名の参加者は、各大学の研究や学修内容について興味深く見聞きしていました。

7-IMGP4231.jpg