2019年8月アーカイブ

情熱無限大Aomori Six vol.2開催!

|

 8月24日(土)、青森市新町にあるフェスティバルシティ・アウガにおいて、青森市内6つの大学が共同でオープンキャンパスを行いました。

 学生による自分の大学紹介やサークル活動の紹介が行われました。Aomori_Six_0824_img001.jpg

 プレゼンを行った学生は、「人前で話すのは得意ではないので不安がありましたが、とても良い経験になりました。いつもオープンキャンパスで司会をしている先輩方のすごさを実感できました。この経験をこれからの発表に生かしていきたいと思います。」と感想を話していました。

Aomori_Six_0824_img002.jpg

Aomori_Six_0824_img003.jpg

来場してくれた皆さん、ありがとうございました!

中泊をよく知ろうツアー2019!!

|

2019年8月11日(日)に「中泊をよく知ろうツアー2019」が行われ、本学の学生・教職員が参加しました。

2019nakadomarinebuta0014.jpg


中泊町へ行く前に五所川原金木の「斜陽館」を見学しました。

2019nakadomarinebuta0006.jpg

2019nakadomarinebuta0010.jpg

2019nakadomarinebuta0012.jpg


その後、「なかどまりまつり」ねぶた運行に中里高校制作のメバルねぶたを持って参加しました。

2019nakadomarinebuta0038.jpg

2019nakadomarinebuta0049.jpg

2019nakadomarinebuta0058.jpg

2019nakadomarinebuta0075.jpg

2019nakadomarinebuta0082.jpg


まつりは今年も大きな花火でフィナーレです。

2019nakadomarinebuta0088.jpg

2019nakadomarinebuta0093.jpg

2019nakadomarinebuta0101.jpg

2019nakadomarinebuta0103.jpg


中泊町の皆さん今年もありがとうございました。

浪打銀座商店会の夏祭りボランティアに参加しました

|

2019年8月8日(木)~10日(土)にかけて、浪打銀座商店会夏祭りにボランティア参加しました。

この夏祭りには、連日500人以上の方が毎年訪れ、今年は青森市長も挨拶され大いに賑わいました。

本学の学生は、3日間で延べ28名が会場の設営や運営の補助、後片付けを体験しました。

2019_namigin_img001.jpg

連日、日差しが強く暑い中でしたが、参加した皆さんは元気よくボランティア体験をしてくれました。

2019_namigin_img002.jpg

1日目のステージには、合唱サークル"プリマ☆ステッラ"の皆さんが出演して、爽やかな夏のコーラスを3曲披露していました。

2019_namigin_img003.jpg2019_namigin_img004.jpg

2019_namigin_img005.jpg

ボランティア参加の皆さん、3日間大変お疲れ様でした。

2019_namigin_img006.jpg

青森明の星短期大学も付属幼稚園と協力して展示ポスターを作り、会場にて"うちわ"を配布しました。


美術部の活動紹介

|

個人の作品制作や生葉染色のための蓼藍栽培、泥団子作りなど行ってきた美術部ですが、

IMG_1715.JPG

IMG_1718.JPG

IMG_1886.JPG

IMG_1852.JPG

IMG_1850.JPG

今年の夏の活動として「ベンチの作成」を行いました。

春から取り組んでいる美化活動、

①草取り

IMG_1719.JPG

②タイル敷き

IMG_1840.JPG

IMG_1950.JPG

と併せて、少しでもすてら周辺をかわいくできればと考えています。

暑さに負けず、組み立て、やすり掛け、塗装を行い、

IMG_1951.JPG

IMG_1954.JPG

IMG_1955.JPG

IMG_1957.JPG

最後に屋外設置に耐えられるようニスをかけて完成です。実際に設置した様子がこちらの写真です。

IMG_1936.JPG

大人用と子ども用の2台のベンチが並んでいる姿がかわいいです。

かつての物干し台の跡でしょうか、コンクリートから飛び出していたねじなどのでっぱりも、ディスクグラインダーで切断。これで足が引っかかることもありません。

IMG_1959.JPGIMG_1958.JPG

今後も活動を続け、「明の星交流センター すてら」をかわいくしていきたいと思います。


青森ねぶた祭り合同運行に参加しました

|

8月2日(金)および3日(土)に、青森ねぶた祭の合同運行に参加しました。

青森市の港町町会が運行する町内ねぶたにボランティアを募りねぶたの引き手や跳ね人として参加しました。

nebuta2019_img001.jpg

nebuta2019_img002.jpg

二日間で延べ60名ほどが参加し、例年より賑やかに大勢の学生がボランティアを体験しました。

nebuta2019_img003.jpg

教職員も学生ボランティアと一緒に青森明の星短期大学の提灯を持ち合同運行に参加しました。

nebuta2019_img004.jpg

港町町会のねぶたは、町会の運営するねぶたとしてはおそらく最大級の大きさです。

nebuta2019_img005.jpg

引き手ボランティアを体験した学生たちはねぶたの重さに四苦八苦していましたが、やりとげた満足感を味わっていました。

nebuta2019_img006.jpg

跳ね人の皆さんは、最初は様子を伺いなかなか跳ねてくれなかったのですが、祭りの後半には跳ねるのもうまくなり、元気に跳ねていました。

nebuta2019_img007.jpg

2日目となる8月3日(土)は、最初からパワー全開で跳ねていました。

nebuta2019_img008.jpg

跳ね人や引き手のボランティアを体験した皆さん、是非来年も参加してください。

ねぶたは「ねぶたの紙貼りボランティア」に参加することで作るところから体験できます。

来年はねぶた作りを体験し、ねぶた祭りをもっと楽しみましょう!