介護のはなしの最近のブログ記事

しんまちキャンパス公開講座が行われました

|

 2017年7月13日(木)10時より、しんまちキャンパスにて「ロービジョンとは」の公開講座が行われました。

 参加者は講義の後、白内障、緑内障、全盲のゴーグルを装着して視野や文字の見え方の違いを体験しました。

 座学では、眼の構造や器官の名前、それぞれの役割などを説明し、見えないことは生活でどのような困難さがあるかを学びました。

goguru.JPGsikaku.JPG 色の濃淡や輪郭などの見え方を体験中です。

tue.JPG 実際に全盲の白杖を使って会場を歩いてもらいました。

 最後に参加者より感想を述べていただき、「これまでは他人事のように考えていたが、体験することで困難さが少し分かった」「全く見えないのがこんなにも怖いと思わなかった」などの意見が出ました。

 多くを学んで体験できた様子でした。





2017年度実習打合せ会(介護)

|

 3月17日(木)、来年度の実習打合せ会が行われました。これは、本校の学生が実習に行く施設の職員に来ていただき、実習に関する説明を行うものです。今回は老健、グループホーム、障害者施設、特養など45施設に参加いただきました。IMG_0091.JPG

 説明後、参加施設の職員一人ひとりから、今年度受け入れした実習生について感想を述べていただきました。おほめの言葉から厳しい言葉まで、たくさんのご指摘をいただきました。現場の職員の方々の生の声を聞いて、改めて学生がとてもお世話になっていることを感じました。来年度学生を指導する際の参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。IMG_0094.JPG


認知症サポーター養成講座を行いました

|

 12月19日本学にて「認知症サポーター養成講座」が行われました。

1年生10名が参加し、今後の関わり方に生かしてほしいと思います。


1認知症サポーター.jpg 受講後にオレンジリングが渡されました。


認知症サポーター2.jpg

かんたん介護教室【幸畑小学校】

|

12月14日(水)、幸畑小学校5年生に「かんたん介護教室」を行いました。今回は「手洗い講座」と「レクリエーション」です。

手洗い講座は、まずお話を聞いてから。

koubata1.JPG実際に手洗いをしていきます。koubata4.JPGkoubata5.JPGkoubata6.JPG アンケートには、「わかりやすかった。自分の知らない手の洗い方があった」とありました。普段何気なくしている手洗いも、奥が深かったんですね。

もうひとつの講座は「レクリエーション」。

koubata2.JPGkoubata3.JPGkoubata7.JPG 車いす役の人やゴーグルをつけて目が悪い人の役も入り、身体が不自由な人でも一緒にレクリエーションに参加できるよう考えながら楽しみました。

 介護について興味を持ってもらえれば嬉しいです。参加いただきありがとうございました!

かんたん介護教室【小柳小学校】

|

 12月7日(水)、小柳小学校4年生79名に、「かんたん介護教室」を行ってきました!

 2グループに分けて、「高齢者疑似体験」と「レクリエーション」を20分ずつ。

 「高齢者疑似体験」は、イヤーマフやゴーグル、おもりなどをつけ、耳が遠い、目が見えにくい、動きづらいという状態にして、協力して豆を器からお皿に移すというゲームを行いました。

KOYANAGI7.JPG koyanagi22.jpgkoyanagi4.JPG 手に軍手を2枚重ねて履いているので、豆を移すのに四苦八苦です。

 レクリエーションは、車いす役の子、介護する役の子を交えながら、みんなで楽しくゲーム。

koyanagi5.JPGKOYANAGI8.jpg あっという間に終わってしまいましたが、少しでも高齢者の方々について、またお世話をすることについて感じていただければと思っています。

 こちらも、小学生の子たちからたくさんの元気をもらいました。次はまた別の小学校にお邪魔します!

卒業生からの講義!

|

 介護福祉専攻2年の「介護実習指導Ⅳ」の授業で、本校卒業生が講義を行いました。

 2010年度生の芳賀砂智子さんは、卒業後、福祉関係の仕事をしながら東北福祉大の通信過程に通い、見事社会福祉士を取得されたそうです。介護福祉士プラスαの資格があることで、よりレベルアップした職務に就くことができたそうです。

IMG_1756.JPG

IMG_1758.JPGIMG_1759.JPG

 前半は社会福祉士取得までの具体的な勉強方法や金額について説明があり、後半はグループから出た質問に答える形式でした。

IMG_1761.JPG 社会福祉士に興味を抱いている学生もおり、将来について考える良い機会となったようです。

 芳賀さん、講義していただきどうもありがとうございました。芳賀さんのさらなるご活躍を期待しています。


【かんたん介護教室】筒井南小学校

|

 11月25日金曜日、筒井南小学校にて「かんたん介護教室」を行いました!

 生徒さんの人数が多かったので、手洗いグループとレクリエーショングループに分けました。

 まずは手洗いグループ。前方にいるのはマスコットキャラクターあけたんです。

kaigo-1.JPG 手洗いの重要性をしっかり習ってから・・kaigo-2.JPG 雑菌に見立てた粉が、特殊なライトで光ります。手が雑菌だらけ!このように目で見るとわかりやすいですね。kaigo4.JPGそしてレクリエーショングループ。こちらにも前方にあけたんが座ってますね。kaigo5.JPG輪になって、何やら楽しそうです。KAIGO6.JPGKAIGO7.JPG 45分のかんたん介護教室、教員の私達も楽しませていただきました。来月は別の小学校にお邪魔します!

第3回"みんなで『かだるべし』中泊"に参加してきました!

|

 昨年に続き、"みんなで『かだるべし』中泊"に介護福祉専攻2年生3名が参加してきました。

 中泊町福祉課介護保険係が主催するこの事業は、世代も立場も越えて、まち・地域が元気になるアイディアをお茶やお菓子を食べながら、みんなでワイワイ楽しく『かだる』というコンセプトで実施されています。IMG_2111.JPGIMG_2116.JPG

 ワークショップ形式で学生も地域についてアイディアを出し、発表しました。また、発表後本学の紹介があり、進藤先生と学生3名が挨拶をしました。

IMG_2123.JPGIMG_2133.JPGIMG_2144.JPGIMG_2159.JPG

 最後は、中泊町福祉課や地域包括支援センターの方々と記念撮影。

IMG_2186.JPG

 新しい「つながり」ができ、貴重な経験にもなりました。また来年もよろしくお願いします。

施設でレクリエーション!!

|

介護福祉専攻1年全員で、授業の一環として施設訪問へ。

特別養護老人ホーム「すこやか苑」にてレクリエーションを行いました。

1階のグループ、2階のグループに分かれて、緊張しながらのレクリエーション。

kaigo4 (2).jpg

kaigo4 (1).jpg

kaigo2 (1).jpg

風船バレーなどで運動したり、懐かしの歌を大合唱したりと盛りだくさん。

帰り際、利用者さんに「楽しかった。また来てね!」と言われて大感激でした。kaigo2 (2).jpg

すこやか苑の皆さん、ありがとうございました!

認知症徘徊者声掛け訓練に参加しました

|

 平成28年10月18日(火)、青森市相馬町(東部第9区連合会町会)にて、認知症徘徊訓練が行われ、本学介護福祉専攻2年が参加してきました。

 この訓練は今年で3回目となりますが、本学は今年で2回目の参加となります。

 まずは青森市地域包括支援センターみちのくの方と相馬町町会長より、今回の訓練の説明を受けました。syasin.jpg その後、4つのコースに分かれ訓練開始。徘徊者役の学生を見つけると、町会の方が「どうしたの?どこから来たの?」と声をかけてくれます。

syasin1.jpg

syasin3.JPG

住民の皆さんは優しく、安心するような声掛けをしており、この訓練に慣れていらっしゃるようでした。地域ぐるみで認知症の方を守っていこうという姿勢が感じられました。