学科・専攻
トップ学科・専攻 カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー

子ども福祉未来学科の教育課程は、広い福祉概念と少子高齢化の時代の子どもたちの未来につながる地域社会の構築に必要な素養を身につけた保育士、幼稚園教諭および介護福祉士の養成を行うために、「共通基礎科目」と「専門科目」で構成しています。

「共通基礎科目」は、各専攻に共通の内容であり、カトリック精神による人間観を学ぶこと、大学での学びの基礎や社会で必要とされているリテラシー を身につけること、地域でのボランティア活動を通して、幼児・高齢者や地域との関わりを体験的に学ぶことを中心に構成されています。

「専門科目」の教育課程は、専攻別に、以下の方針で編成しています。

保育専攻

  1. 子どもの保育や教育に貢献できる人材としての保育士資格(国家資格)と幼稚園教諭二種免許状を取得することを目的として教育課程を編成する。
  2. 保育士資格と幼稚園教の養成において必要な指定科目のうち、主要な科目を卒業必修科目に配置し、1)共通部分の科目、2)教職特有の科目、3)保育士特有の科目、4)各種実習科目の4つに分け編成する。
  3. 子どもを理解する心を磨き、豊かな表現力とコミュニケーション能力を身に付け、子育て支援など社会に貢献できるカウンセリングマインドを持った人材の育成を目指した授業科目を配置する。
  4. 年時配当については、各段階の実習内容までに学ぶべき科目を実習の前に配置し、学生の理論上の知識や経験が、実践の場で生かされ、さらに学びを実践の場で照合しながら深めていけるよう配慮する。
  5. 選択科目においては、学生が保育者として各々の個性と強みを伸ばせるように、保育の専門性にプラスとなる様々な資格取得に必要な科目を配置する。

上部へ 上部へ

前に戻る 前に戻る