学科・専攻
トップ学科・専攻 3つのポリシー

3つのポリシー

子ども福祉未来学科教育目的・目標

 本学科は、豊かな人間性と教養を備え、「正しく、自律した、和をもたらす」人材を育成すること、また、「福祉のこころ」を持ち、深い専門性を身につけた、地域社会に貢献できる有為な人材を養成することを目的とする。

ディプロマポリシー

 本学科では、以下のような資質・能力・態度を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に学位が授与される。

1.自らの人間性を磨き、豊かな教養や表現力を身につけている。

2.専門分野における知識と実践的指導力を身につけている。

3.自らの課題を見出し解決する能力と主体的に学び続ける探究心を身につけている。

4.コミュニケーション能力に優れ、地域社会に貢献できる力を身につけている。

5.「常識」「良識」「見識」を見極め、豊かな人権感覚と職業倫理を身につけている。

カリキュラムポリシー

 子ども福祉未来学科の教育課程は、卒業認定・学位授与の方針に掲げる資質・能力・態度を備えた人材を養成するために、共通基礎科目と専門科目で編成する。

 教育方法は、学生の主体的で能動的な学びを高めるために授業形態に応じてグループワーク、事例研究、フィールドワークなどアクティブラーニングの手法を積極的に取り入れる。

 教育内容は以下の通りである。



1.共通基礎科目(専攻共通)

 共通基礎科目は、カトリック精神による人間観・倫理観を学ぶ科目、大学での学びの基礎や実社会で必要な情報リテラシーやコミュニケーション能力を身につける科目、就業意識や就業に必要な態度・能力を養成する科目、さらに各種ボランティアを通して、地域社会に貢献する力を身につける科目など豊かな人間性と幅広い教養が身につくように編成する。



2.専門科目(保育専攻)

(1)保育や幼児教育に関する専門的知識や実践的指導力を身につけた保育士・幼稚園教諭の

   養成を目的とした教育課程を編成する。

(2)保育士と幼稚園教諭の養成における指定科目については、①共通部分の科目、

   ②教職特有の科目、③保育士特有の科目、④各種実習の科目の4つに分けて体系的に

    編成する。

(3)乳幼児を理解し、子育て支援などの社会貢献力、表現力、問題解決力、論理的思考力、

 研究心などを身につけた保育者を養成するために保育や幼児教育に関する基礎的・

 実践的・統合的な科目に加え、表現研究、調査研究・論文作成を目的とした科目を

 配置する。

(4)理論上の知識や技能が実践の場で生かされるよう各段階の実習までに学ぶべき科目を

   配置する。

(5)乳幼児の保育や幼児教育に関する専門的知識を深め、実践的指導力を向上させるための

   様々な資格取得に必要な科目を選択科目として配置する。



3.専門科目(コミュニティ福祉専攻)

(1)本専攻は介護福祉とキャリアビジネスの2つの教育課程を有し、それぞれの専門的知識

   や実践的能力を身につけた人材の養成を目的とする。

(2)各々の教育課程に応じて選択できる選択必修科目を設定している。その中でも「福祉の

   こころ」の基となる自己理解と他者理解を学ぶ科目と自ら課題を設定し主体的に学ぶ

   科目を共通の選択必修科目として位置付ける。

(3)介護福祉の教育課程は、「人間と社会」、「こころとからだのしくみ・医療的ケア」、

   「介護」の3領域で編成する。介護実習は、施設の役割や基本のケアを学ぶ実習Ⅰと、

   利用者に応じた生活支援技術や介護過程で学んだ思考プロセスの実践を行う実習Ⅱに

   分けて配置する。

(4)キャリアビジネスの教育課程は、ビジネス実務に関する知識や技能が総合的に身につく

   ように編成する。ビジネス実務の基本や職業人としての資質やマナーを学びながら、

   各種演習科目やゼミを通して、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力など

   の実践力が身に付くように配置する。

(5)介護福祉やキャリアビジネスに関する専門的知識を深め、実践的能力を向上させるため

   の様々な資格取得に必要な科目を選択科目として配置する。

アドミッションポリシー

 AO 入試、推薦入試、一般入試など多様な入試方法により、以下に示す人材を受け入れる。

(1)高等学校修了程度の基礎学力を身につけている人

(2)自らの人間性を磨き、教養や専門性を身につけようとする人

(3)心身ともに健全で、学習意欲がある人

(4)自ら考え行動し、問題解決に取り組もうとする人

(5)積極的に地域社会に貢献しようとする人


上部へ 上部へ

前に戻る 前に戻る